わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual - 2008/06

My hobby is spiritual暮らし生活に役立てるスピリチュアルツール
カテゴリ
わたしの趣味はスピリチュアル
わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual/一覧 (214)


ようこそ!

◆管理人のプロフィール
趣味:インド哲学・チャネリング・ヒーリングソング・クジラの木彫
性別:男性 住まい:首都圏の山間(やまあい)

おすすめ動画

かたつむり〜一茶





七つの子〜モダンフォーク調








2008年6月
         

新着エントリ
新たな地殻の誕生 (8/9)
サルでもできる簡単なチャネリング方法 〜サイトの紹介 (7/28)
おすすめユーチューブ アイ アム ミッシング ユウ (7/13)
書籍紹介・神との対話 25のコア・メッセージ!ニール・ドナルド・ウォルシュ(にーる・どなるど・うぉるしゅ) (6/26)
新曲発表!あなたの中にある海 (6/24)
生きとし生けるものが幸せでありますように。 (6/23)
DAYS JAPAN(デイズ ジャパン)フォトジャーナリズム月刊誌 (5/17)
眼では見えない放射能と霊性。 (5/15)
明日の平和瞑想 日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間) (4/10)
孤独はどこにでもあります。個人はつねに孤独です。ラマナ・マハルシ (3/1)
子供の七つの守護神の歌Seven guardian songs of children (2/22)
Jizo part 2 ( 地蔵その2)・Keyboard(キーボード)弾き語り (2/21)
Sing haiku 俳句を唄う かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (2/14)
Sing haiku 俳句を唄う・我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (2/14)
即興演奏・カリンバトシ (2/7)
ハートの和が回りだす〜夕方の風景 YouTube動画 (2/2)
こころの巡礼・達磨カセットレコード 、ただいまYouTubeびでお・配信中! (2/1)
迎春の一ページ、ムーおひさまの下でローカル音楽動画 (1/27)
猫のサムソン・挿入歌:人間天使〜NewHuman (1/26)
マンドリンで弾き語りこどもろうじん!キャッ!キャッ!キャラバンは行く (1/25)
のんびりインディーズ曲大正琴 イチゴ色の夕日の世界 (1/21)
かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (1/20)
学びなさい、全世界をあなた自身とすることを!音楽動画 (1/19)
我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (1/18)
七つの子〜モダンフォーク調 (1/16)
無料音楽動画〜ムーおひさまのもとで (1/5)
とても珍しい両手あげ招き猫です! (12/30)
インドのみならず、世界で知られる聖者 (12/29)
心の歌 春は花〜道元禅師 (12/15)


CM

とれるNO.1で、地球も一緒に大掃除








アーカイブ
2008年 (48)
5月 (7)
6月 (10)
7月 (12)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2009年 (36)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (5)
2010年 (15)
1月 (1)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
10月 (6)
2011年 (17)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (6)
4月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2012年 (12)
1月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (8)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2014年 (11)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
11月 (2)
2015年 (21)
2月 (7)
4月 (1)
6月 (2)
8月 (6)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (1)
2016年 (20)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (3)
7月 (1)
9月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2017年 (26)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:539
昨日:531
累計:552,668


RSS/Powered by 「のブログ

2008年06月29日(Sun)▲ページの先頭へ
人類の新たな光への進化が見えてきます。ジャスムヒーン

ようこそ

ちょうど4年前、夢中で読んでいましたが、

(実際わたしにとっては救いの本となっています)

多くの人に人気なのでしょう!

改訂版になっていました。


リヴィング・オン・ライト改訂新版


【内容情報】(「BOOK」データベースより)

光だけで十数年間生きている女性が語る、光(プラーナ)で生きるための理論と実践の本。人類の新たな光への進化が見えてきます。

【目次】(「BOOK」データベースより)

エネルギー:4つのボディ・システム、フォトン・エネルギーとエネルギー・システムとしての肉体/波動と周波数/33の宇宙ビート/プラーナの力を維持する/ギリバラとテレーゼ・ノイマン/肉体の不死/永遠の生命をもつ偉人たち/ひとつの道/プラーナによって生きる/質疑応答〔ほか〕

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

ジャスムヒーン(Jasmuheen)
オーストラリア人。メタフィジックスについて20冊の本を出し、プラーナの栄養についての分野で調査し、国際的にレクチャーを行っている。この十数年間、ほとんど食事をとらず光(プラーナ)だけで生きている

埴原由美(ハイバラユミ)
青山学院女子短期大学卒業。(株)ニッポン放送勤務。退職後は、自己啓発セミナーやビジョン心理学を学んだり、インドやニューヨークのアシュラムでヨガや瞑想を実践しつつ、自らの霊性を高める修養に励む。現在は、精神世界関係のセミナーやワークショップの通訳、および翻訳に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


スピリチュアルTVでは今でも

ジャスムヒーンさんのビデオが見れると思います。


2008年06月26日(Thu)▲ページの先頭へ
心の中にある否定的な考えを取り除く!スピリチュアル・ティーチング。

ようこそ

いろいろある指導書の中で、

わたしのオススメ本のご紹介です。

ふと立ち寄った、古本屋さんで買いました。

なかなか楽しく読んでいます。



スピリチュアル・ティーチング




【内容情報】(「BOOK」データベースより)

世界的に人気のサイキックが、あなたの未知なる能力を目覚めさせる12週間のプログラム。「心の中にある否定的な考えを取り除く」「オーラの力を実感する」「7つのチャクラを解放する」「スピリチュアル・ガイドを感じる」「直感力、イマジネーションを強化する」―。これらのレッスンを通して、あなたのスピリチュアルな能力を開花させます。

【目次】(「BOOK」データベースより)

あなたの能力が目覚める/初めに準備しておくこと/心の中に障害物はありませんか/心おきなく目的地へ向かうために/旅は軽やかな心で/新しい領域への挑戦/微妙な感覚をチェックしましょう/エネルギーを整えましょう/“信念”の道の先に待っているもの/ガイドに助けてもらいましょう/本当に望む方向へ向かいましょう/コンパスを使ってみましょう/本当の自分に帰るとき

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

ショーケット,ソニア(Choquette,Sonia)
世界的に著名なサイキック、ヒーラー、スピリチュアル指導者。超能力を持つ家系に生まれ育ち、幼いころからその力を認められ発揮。天性の能力だけではなく、霊性に関する学問的知識が深い。ライフワークとしている第六感を開く指導は国際的にも評価が高く、8冊の著書は世界的ベストセラーとなっている

井原美紀(イハラミキ)
翻訳家、エッセイスト

ユール洋子(ユールヨウコ)
翻訳・通訳・執筆家、NLP(神経言語プログラミング)トレーナー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


実例を紹介しながら、

やさしく指導してわかりやすいです。

2008年06月24日(Tue)▲ページの先頭へ
つまり幸福は本来、人に備わったものであり

ようこそ

わたしの愛読書から紹介します。

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え

■質問者 (あるがままにp−31)
     
どういう意味で、

私たちの真の本性が幸福あるいは至福だと言われるのでしょうか?


 マハルシ:完全な至福がブラフマンなのだ。

完全な平和は真我に由来している。

     唯一存在するもの、それが意識なのである。

幸福と呼ばれるもの、それが

   真我の唯一の本性である。

真我とは完全な幸福以外の何ものでもない。

     幸福と呼ばれるそれだけが存在している。

     その事実を知って真我の境地にとどまり、

永遠の至福を享受しなさい。

     
     もし外面的な原因や自分の所有するものが

幸福の原因だと考えるなら、

     所有するものが増えれば幸福も大きくなり、

所有するものが減るにしたがって

     幸福も少なくなると

結論づけることは理にかなっていると言えるだろう。

     そうすると、

もし所有するものが無ければ、

幸福はありえないはずである。

     実際の体験ではどうだろう?

それはこの考えと一致しているだろうか?


     深い眠りのなかで、

人は自分の身体も含めて何も所有していない。

     それにもかかわらず、不幸であるどころか、

まったく幸せだ。

     誰もがぐっすりと眠ることを望んでいる。

つまり幸福は本来、人に備わったものであり、

外的な原因によるものではないということである。

     人に生来、備わった純粋な幸福の扉を開くためには、

真我を実現しなければならない。


    *ブラフマン:ヒンドゥー教の非人格的絶対神

    *アートマン:真我

   (引用 福間 巌訳 「あるがままに」ラマナ・マハルシの教え)

2008年06月23日(Mon)▲ページの先頭へ
野生の哲学 ・野口晴哉の生命宇宙


野生の哲学




野口晴哉の生命宇宙
著者: 永沢哲


生きている人間の生命とは何か?
野口整体の創始者、野口晴哉(1911〜1976)の
天才的洞察、実践、思考の全体を明らかにし、
その生の核心に迫る。

少年時代から、晩年まで。
手あて、愉気、活元活動、操法、心、誕生、死。

野口整体の現代性、可能性が、

チベット仏教、ポスト構造主義、
荘子、ミンデルの心理学などとの対比から、明らかになる。

【目次】(「BOOK」データベースより)

第1章 裸の人間―愉気について/第2章 複数の声―生命について/第3章 生命の波―全生の思想/第4章 夢見の体―活元運動について/第5章 青空の心―天心とは何か/第6章 身体の森―体癖の理論(1)/第7章 天使の性―体癖の理論(2)/第8章 自然の死/清風万里―最後の言葉

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

永沢哲(ナガサワテツ)
1957年鹿児島県生まれ。東京大学法学部卒業。宗教人類学、哲学、チベット仏教。人間の意識、生命、神経系にはらまれている膨大な可能性をひらくことが、主要なテーマ。現在、京都文教大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

6月20日は野口先生の命日だったそうです。


2008年06月15日(Sun)▲ページの先頭へ
最近疲れやすいと感じる人へ

ようこそ

ロバート・シャピーロさんの

公開チャネリングのご紹介です。




地球と私たちについてのメッセージ 2008年6月10日

このメッセージはこの困難な時期をサポートするために役に立つかもしれません。
出来るだけ多くの人に読んでもらい、残りの日々を乗り越え、優雅な時期を迎える余力を
持ってもらいたいと思います。

私は自分のエネルギーと肉体、そして自分の創造力と苦闘してきました。
やるべきことがたくさんあって、緊急にやらなければいけないと感じているのに
日常生活で保つエネルギーがとても低かったり穴でもあいて出て行ってしまっているように感じたりするのです。

ですからこのことを知ってください。
今、母なる地球は自分自身を再生させていて、全ての子どもと同じように
育成され、サポートを受けることを必要としています。

誰もが何故、現在地球上に人類の数がここまで増えてしまったのか不思議に思っています。
多分、
実際に50億人以上の人口がいるのは多すぎるかもしれませんが、でも55億という数字は
マジカルな数字であり、地球はこの人口数の3分の1の人々の肉体的なエネルギーを自分を
再度補充するためのエネルギーとして経験できるのです。

地球を母なる地球と呼ぶのには理由があります。
彼女からエネルギーを与えられることが当たり前になっているからです。
でもこの状況では地球が人類からのエネルギーを求めています。
子供が自分の母親を助けたいと願うでしょうか? 願うはずです。

この状況では、出来るときには母なる地球を助けるべきです。
先週から引き続き、多分これから3,4日間は地球が私たちの助けを必要とする時期です。
ですからもっと疲れやすく感じたとしても、そしていつもなら時間通りにいく計画が
遅れても、気にしないでください。

もし昼寝を出来るならしてください。
仕事もすぐにやらなくていいことなら来週に延ばしてください。
この時期はすぐに終わりますが、疲れきっている人があまりにも多いので
ここで伝えておきたかったのです。
今、手に負えないと感じている人も多くいるはずです。
それは私たちが段々と築き上げてきたものの最終段階にあり、
それは本当に行き過ぎている状態なのです。

そしてこの時期、夢がとても激しいものであったり、鮮明で
次々と場面が変わることに気付く人もいます。
これも変化していくことになります。


これは私たちが魂レベルで訓練してきたことで、すべて問題ないことを知らせたかったのです。
私たちは乗り越えることになります。

以下はこれから数日間を乗り越えるためにイシス(神)がくれたメッセージです。


私はイシスです。魂の世界にいる私たちもこの時期のために訓練をしてきました。
魂の世界をサポートしている天使やガイドが一生懸命働きかけています。
チャネリングをしようと思ってもなかなかつながれない時があることに気づいたはずです。

エネルギーが吸いとられてしまう時期だからですが、でも地球のような特別な家族が
必要とするならその面倒を見ることは当然のことですし、また問題はなくなります。

もし多くの人と集まる機会があるのであれば、グループで母なる地球のために瞑想をしてください。
ただ、エネルギーを吸い取られてしまわないようにいくつか注意点があります。


まず、そのグループ瞑想する場合は昼間、外で行います。
天気がよければそれが一番ですが、雨の場合は屋内でも構いません。
昼間の光だけでも十分です。
屋内の場合は空に太陽があることをイメージしてください。

それから、出来ればプラスチックなどの靴底のものは避けて、地面に座る、または立って
通常の瞑想をしてください。ただ、この場合は周りの人と手をつなぐことはしないでください。
もし周りの人とつながりたいと思うのであれば、右手の一本の指で隣の人を触ってください。
左手は使わないでください。


それからいつもの瞑想に加えて、自分の言葉で母なる地球が最高の恩恵を受ける状態となることを伝えます。

もし夜行うのであれば、地のエネルギーでなく、月のエネルギーを呼吸しながら行います。
つまり自分自身のエネルギーを与えるのでなく月のエネルギーを与えるのです。

この惑星の周りにあるエネルギーを活用することを学ぶ必要があります。
もしあなたが月の出ている夜に多くの星を見れる場所に住んでいるのであれば、星のエネルギーを受けることもできます。
星は太陽の本質的な光で、太陽とはエネルギーを与えるために存在するからです。
人間も本質的にはエネルギーを与える性質を持っていますが、それを忘れてしまっています。
人間のエネルギーとは多くの場合、自分自身のためではなく、太陽系や月、そして他の人間に与えるためにあるものです。

太陽の下で、夜型の人は月の下での呼吸を行ってください。
月のほうが直接見ることができるので簡単かもしれません。
ただ普通に息を吸って、吐き出してください。
月を見ながら5回、息を吸って吐き出してください。

これがどのようにして地球にエネルギーを与えるのでしょうか?
どんな人間であるかに関わらず、そしてどこにいようと、吐き出した息の
エネルギーの一部は足下から出ていくことになります。
だからこそ、特別なことを行う時は足と地面を完全に遮断するようなものは
つけるべきではないのです。


もし太陽ともっとつながりたいと思うなら、目を閉じて太陽のほうに向き、太陽の下で
息を吸ってください。
目をしっかりと閉じて、太陽の温かみを顔に感じながら3回呼吸すると太陽とのつながりを作ることになります。
何かで目を覆ったり、サングラスをかけて行うこともできますが、目は閉じておくべきです。

大切なのは太陽とのつながりを感じることです。
普通に呼吸しながら他の事を考えないようにしてください。
こうすると純粋な肉体として存在できるのです。


目を覆うものやサングラスがある場合は8回から10回呼吸をしてください。
これを実践することによって自分の肉体に欠けていたエネルギーを与えられるのがわかるはずです。

この活性化が地球の子どもであると同時に太陽の子どもである存在へと進むことになり、
必要とされる時に自分の親の面倒を見ることができるようになるのです。

よい人生を!


Robert Shapiroのサイトより転載しました。

2008年06月12日(Thu)▲ページの先頭へ
自分の魂とつながるための瞑想

ようこそ

リンクサイト様のご了解を得て、皆様にご紹介しています。


アンバサダーズ・オブ・ライト

公開チャネリング


2006年 11月11日  「自分の魂とつながるための瞑想」



今日のチャネリングの後に、自分の魂と繋がる為の瞑想を行います。
その時、魂と繋がった状態で魂に自分の事を聞くことも出来ますし、自分が作られた時の名前を聞くことも出来ます。
これは、ディアモスという高次元の存在からのチャネリング情報による瞑想方法です。

ディアモスは、サマトクマラと同じエネルギーです。
瞑想方法ですが、確実にこうしなさいと言う制限はありませんが、
一つだけ要求される事は、背骨を伸ばしておく事です。
それによりエネルギーの流れが良くなります。
背筋が伸びていないとエネルギーが滞ってしまい、背中に痛みを感じたりする場合もあります。

簡単な瞑想です。
出来るだけ背骨を伸ばして下さい。
間違いは無いので、自分流に行って頂いて結構です。

皆さん目を閉じて下さい。
深呼吸をします。
呼吸をしながら、空気が背骨を通って頭から出て行くのを想像して下さい。
そして空気が通って行くと共に、体中のチャクラが順調に開かれて行きます。

その呼吸をしばらく続けて下さい。

自分の頭の上に、ガラスのピラミッドを想像します。

それが貴方を囲んでいるメルカバー、エネルギー体の一つです。

このメルカバーを通して、別の次元に旅をする事が出来ます。
そしてその黄金のピラミッドから黄金の光が自分のクラウンチャクラを通して自分に入って来るのを想像して下さい。

そして今開かれているクラウンチャクラを通して、次に第三の目のチャクラに入って行きます。
そして喉のチャクラに入って行き、
ハートチャクラに来て、みぞおちのチャクラに来て、丹田のチャクラ、そして第一チャクラに来ます。

そしてそこから足まで下り、地面に入って行きます。

そして地球の奥深くまで黄金の光が流れて行きます。

地球からは白と緑の光が出て来ます。それが足を通って身体に入ってきます。

そして全てのチャクラを通ってきます。

そして頭の上のピラミッドに白と緑の光が入ってきます。

そして今度は、黄金の光がピラミッドから下へ下へと降りて行きます。

そして地球の一番深い所まで届きます。
そしてそこに立って下さい。
でも、そこで貴方は手に何かを持っています。

片手には、黄金の5つの釘を持っています。
そしてもう一方の手に黄金の金槌を持っています。

そして貴方は地球に対してその光を貢献する事を約束します。
その時黄金の5つの釘を地球に対して打つことを約束します。
その釘を深く打つことを決めます。

そして先ほどと同じように、その場所から白と緑の光が自分に上がって来るのを想像して下さい。

どんどん上に上がってきます。
光の源まで上に上げて行きます。

その自分の上にある光、それがクリエイターの光です。
そこに届くと、沢山の量の愛と光が自分の身体の中に入って来るのに気付きます。
高い次元に居る自分の手に金の釘と金槌があります。
そしてその釘を光に打ち付けます。

それは、その光に対する自分のコミットメントとします。
先ほど地球の奥で行ったのと同じように、高次元の光に対しても約束を行った事になります。

今、自分の身体の全てのチャクラが開かれているのを理解して下さい。

そして光から戻ってきます。
そして自分の髪の毛が完全に光に包まれているのを見てください。
それが、光の源から自分が持ってきた光です。

貴方の全身が光に包まれています。
貴方は自分の頭の中で、光の存在となった小さな自分を想像して下さい。
そしてその小さな自分が体中に広がるのを想像します。
それが貴方です。

そして、下に行く階段が見えます。
その階段を下ります。
階段を下る中で、色んな色を見たり音を聞いたりします。

そして長い廊下があります。
廊下を渡ります。

そして、スピリチュアルプレートというドアに着きます。
何があるか楽しみにしながらそのドアを開けて下さい。

そしてドアを開けると、素晴らしい光に貴方は包まれます。
それが貴方の魂の場所です。
ですからその部屋を、自分の好きなように飾る事が出来ます。
ここには好きな時にいつでも来る事が出来ます。
それが魂の存在する場所です。

そしてその部屋の向こうにもう一つドアがあります。
そしてドアの向こうに何があるのだろうと貴方は考えます。
ドアを開けると綺麗な黄金の道が見えます。
その道を歩きます。

遠くから光の点が向かってくるのが見えます。
光の点がどんどん近づいてきます。
光が貴方の近くで止まります。
貴方は光と向かい合わせになります。
光の点とは、緑・黄金・白の光で満たされています。

貴方はその光の中に、非常に古い知恵を見出します。

その光の存在とは誰なのでしょうか?
それが貴方の魂です。

それを抱きしめても良いです。
長い時間をかけて、やっと貴方は魂と出会う事が出来ました。

そして貴方は戻ってきます。
その黄金の道を戻ります。
そしてドアの中に入ります。
でも、魂はそこに留まります。
魂と言うのは、貴方が進まないとその部屋の中には入れません。

ですから自分の魂である光の存在を、扉の中に招いて下さい。
魂は、貴方が招待してくれて嬉しく思っています。
その一番最初の部屋は、貴方が魂の為に作った部屋です。

人生を何世も掛けて、魂の為にその部屋を作り上げました。
その場所で魂に対して、自分の魂の名前を聞いてみて下さい。

そして今の時期に聞くべきメッセージを聞いてみて下さい。

直感的にその答えを感じて下さい。
そこが、自分の魂と交わる場所です。

ここに何時間でも居ることが出来ます。
毎日魂を育てる必要があります。

自分の中にこの魂がある事を認識しなければなりません。

これからは、貴方だけではなく私達が自分の中に存在することを認識して下さい。

もし頭が痛くなったとしたら、「私は頭が痛い」と言わないで下さい。
「私達は頭が痛い」と言って下さい。全て、「私達」と言って下さい。

貴方と、貴方の魂・ハイヤーセルフを示す「私達」と表現して下さい。

聞いた事があると思いますが、貴方が意識するもの、それはどんどん育って行きます。
もし自分の魂を常に意識したら、それはどんどん自分に統合されていきます。

でも、貴方には自由意志があります。
もし、自分の気持ちが言う言葉と、貴方の魂の言う言葉が全く違うとしたら、どちらかを選択することも出来ます。

でも、魂の言う事を聞くようにすれば、より最善の方法で人生を開いて行く事が出来ます。
貴方の魂と言うのは、創造主・神と言われる存在と繋がっています。

その場所には大きな愛と偉大な知恵があります。

ここに何時までも居ることが出来ます。
そして自分が満足出来たと思ったらそのエネルギーをどんどん小さくしていって戻ってきて下さい。

ここに居る人達、ほとんどの人達が、自分を知ることが出来ます。
今のは、自分の魂とのチャネリングです。
この状態にあるときに、自分の魂に、自分にとって最善の存在と繋がる事を頼めます。
この方法で繋がると、自分のエゴをはずして繋がる事が出来ます。

自分のハイヤーセルフを通して繋がる事になります。
何時でもこの部屋に戻ってきて、魂と繋がる事が出来ます。
それを日常的に行う事によって人生を開いて行く事が出来ます。

以上

2008年06月11日(Wed)▲ページの先頭へ
マインドと心をつなげる瞑想

ようこそ


今回もアンバサダーズ・オブ・ライトより

転載しました。(了解の上)


2008年3月8日公開チャネリング

マインドと心をつなげる瞑想


多くの人が実際自分は愛であるんだから、愛をもって生活していきたいと願っています。
いろんな行動する中で、あ、またやってしまった、私は愛であるはずなのにそうでないことをしてしまった。
なんで私は自分の愛を実践できないのだろうかと思っている人もいます。
日常生活でいろいろな仕事をしていく中で、実際の本当の自分を忘れていろんなことをしてしまうこともあります。
自分の心をベースにした行動でなくマインドをベースにした行動をしてしまうことがあるのです。

この瞑想は自分のマインドと自分の心をつなげる為に行います。
心とマインドの橋を作るという感じです。
準備は出来ていますか?

まず喉に橋があるのを想像してください。
喉のチャクラにある橋が第三の目まで来ます。
そしてその橋がもう一度の度を通ってハートチャクラに伸びていきます。
そしてさらにその橋が伸びて第三の目からハートセンターを通って、みぞおちまで伸びていきます。
この第三のチャクラ、みぞおちのチャクラというのはパワーセンターと呼ばれているところです。
ここは自分が持っている感情と深い関わりをもち、幻想と現実というのが常に入れ替わり立ち代り、
入れ替わる場所で、陰と陽とが入れ替わる場所でもあります。

みぞおちにあるものが何であれ、この橋を通ってハートセンターへと移動させ、全てを愛で包んで、
それが喉のところに行くまでには、
きちんと自分の真実を喉のチャクラから出せるようにします。

同時に物事を、第三の目のチャクラからは真実の視点で見られるようにすることになります。
そのチャクラ同士を橋でつなげることによって真実を見て真実を話すことになります。
ハートセンターにつながっているということはどんな行動であれ、みぞおちからくる行動であれ、
きちんと愛を持った行動になるのです。
そのハートチャクラも第三の目とつながっていますから、行なおうとしている行動を第三の目を通じて
高次元の視点から自分にとって適切であるかどうかを判断しながら行なえることになります。

人間とは制限された視点を持っていますから、自分の行動が心を基にした行動であるのかどうか
わからなくなってしまうことがあります。
自分が心からしたと思った行動であっても、その行動の結果がどういったものになるか
高次元の視点から把握できるようになります。その橋を大切にしてください。
そして自分の生活をこの部分を通じたものにしてください。できるはずです。
これからはもっと高い次元の真実があなたのところにくることになります。

それは今の時点では受け入れられないものかもしれません。
ですから錬金術のような形で降ろされてくる高次元の情報なりエネルギーを
神の視点をもって判断して取り入れていく必要があるのです。

以上



スピリチュアル情報サイト
      アンバサダーズ・オブ・ライトはチャネリングやシャーマニズムの情報を提供し、その知恵を通じて
      多くの人が希望と勇気を持って本来の光を放つためのサポートを目的としています。

Ambassadors of Light

2008年06月10日(Tue)▲ページの先頭へ
ヴェーダーンタ:人間の本性は神聖である

ようこそ

古からのインドの教えは重要です。

現在インド人のスワミがいやっしゃる、

日本ヴェーダーンタ協会をご紹介します。



ヴェーダーンタ 古代インドの聖者たちに啓示されたヴェーダーンタは、人間の本性は神聖である、人生の真の目的はこの神性を展開し顕現することである、そしてその真理は普遍的である、と教えています。
ヴェーダーンタは、「超越的」および「内在的」の両面を持つ、1つの神を信じます。神は、次の四つの道(ヨーガ)をたどり、内外両方の自然を制御することによって、悟ることができる、と教えられています。4つの道とは知識の道(ギャーナ・ヨーガ)、無私の働きの道(カルマ・ヨーガ)、信仰の道(バクティ・ヨーガ)および精神統一の道(ラージャ・ヨーガ)です。
ヴェーダーンタは世界のすべての宗教を受け容れ、偉大な預言者たち、教師たち、および神の子たちを敬愛します。なぜなら、すべての内に同一の神のインスピレーションを認めるからです。



どうぞご覧ください。

2008年06月07日(Sat)▲ページの先頭へ
アンドロメダよりのメッセージ・幻想のベールが次々と落ちていく

ようこそ

公開チャネリングの翻訳のご紹介です。



#422 この嵐をアンドロメダの共通意識で切り抜けましょう

2008年06月02日 22:36 Jueux Posted June 1st, 2008 by andromeda




こんにちは、みなさん。
私たちが前回お話してから地球時間で随分と経ちましたね。
私たちは幾つかの種を撒いて、それが成長するさまを見守ることを好みます。
それが私たちのスタイルなのです。

幻想のベールが次々と落ちていく中、私たちはライトワーカーの間に多くの不安を見て取っています。
この嵐…そして来たるべきものを切り抜けていく唯一の方法は、基本に戻ることです。
基本とは、私たちがひとつ(ONE)であるように、自分自身そして他者に対する無条件の愛を意味します。

自分のパーソナリティを再パターニングするワーク…そして感情を(一部)取除き・統合するワークを一貫してやっててきたライトワーカーにとっては、収穫の時間が来ています。
多くの人々が今、その人の労苦の成果を物質的に・財政的に味わっています。
なぜなら、お金というものもスピリットの別の顕れでもあるからです。

けれども、そうではない人たちもいます。
そうではないライトワーカーたちが、まだなお困難を試みているのは、自分の思考や感情を制御できないから…そして古いパラダイムに属したものの考え方・信じ方をしているからです。
彼らはまた自分のスピリット〜本当の愛とサポートの唯一のソースと交わっていません。

あなたは誰に自分を助けるよう頼んでいますか?
あなたはスピリットに助けを求めていますか?
それとも、外側の力に求めていますか?

決して「遅すぎる...」ということはありません。
もしあなたが、困難を経験しているライトワーカーなら、自分のパワフルなスピリットすべて…あるいはアイ・アム・プレゼンスにひたむきにフォーカスをあててください。

克服されることができるものなど何もありません。それが真実です。
けれども、ライトワーカーが疑えば、そこには何の解決策もありません。

あなたの思考と感情があなたのリアリティを作ります。
これは本当にシンプルなことです。
あなたが自分の人生に見ているものは、あなたが作り出したものです。
責任を持ってください。

あなたは今、保育園の外にいると思ってください。
あなたには、ほとんど即座に顕現させる能力を与えられています。
けれども、あなたが誰かをジャッジしたら…それがたとえあなたと正反対に属すものであろうとも、あなたが何かをジャッジをしたら…そのエネルギーは即座にあなたに戻ってきます。
それは楽しいものではありません。

結果のエネルギーと、その起因となったエネルギーは、ほとんど同じくらい瞬間的に動きます。
ひとつのことにだけ注意を向けるようにしてください。
たとえあなたの心象風景とは違っていようとも、自分の周囲の完全性だけを見るようにしてください。
なぜなら、あなたのマインドはあなたをトリックにかけるからです。
あなたが見ているものは、「向こうでなにが起きているか…」というあなた自身の個人的な解釈にすぎません。
しかし、“向こう”など、ありません!

私たちもかつては、あなた方のようにアセンドしました。
そして私たちは、私たちを“闇”で魅惑するものから私たち自身を脱却させる方法を学ばねばなりませんでした。


あなたがそれを考え、あなたがそれを作ります。


私たちは咎めているのではなく、ただ説明しているだけです。
こうしたことがポピュラーなことになっていくものではないということも私たちは知っています。


あなたの考え・感情を手綱でひいて、考え・感情を変容させてください。
美にフォーカスをあて、自分の最高の喜びに従ってください。

この今の瞬間、あなたの最高の喜びとは何ですか? 


TVを見る時間などなくしておしまいなさい。
できることならばコンピュータの前で過ごす時間も減らしておしまいなさい。
あなたが不安に陥っているときにではなく、身体が欲するときにヘルシーなものをお食べなさい。
病気のことなど忘れておしまいなさい。
あなたが病気を心配すればするほどあなたは病気になるのですから。
他の人たちが何を考えているか…など忘れておしまいなさい。
「しなくてはならないこと」のリストのことなど忘れておしまいなさい。
伝統や社会の規範のことなど忘れておしまいなさい。
義務など忘れておしまいなさい。
少しもうれしくないことすべてなど忘れておしまいなさい。


今この瞬間、あなたにとっての最高の喜びとは何ですか?

時間のことなど忘れておしまいなさい。
サイズのことなど忘れてしまいなさい。
年齢のことなど忘れておしまいなさい。
家族や友人のことも忘れておしまいなさい。
彼らはあなたを助けていますか?
彼らの要求があなたを溺れさせていませんか?
彼ら…18歳以上の人はみんな忘れておしまいなさい。
18歳以上なら自分でできます。
政府のことなど忘れておしまいなさい。
食物となる植物を幾つか植えて、価格について唸ったり不平を言うのをおやめなさい。
あなた方が心配するほど価格も高騰していきます。


できる限りセルフ(本当の自分)に足る自分であってください。

けれども、何よりも忘れてしまうべきことがあります。
あなた自身が“欠点・欠陥”を自分に課したということです。
あなたは神です。神のように行動なさい。命じなさい。
乞うてはなりません。あなたはこれ以上請い求める必要はありません。
自分のパワーを讃えてください。


それで…あなたは今日、何を作り出していますか?


私たちはあなたを愛しています。
あなたには、たくさんのホームワークがあります。
コンピュータのスイッチを切って泳ぎに出かけなさい。
私たちは、あなた無条件に愛しています。

リンク元

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=31685051&comment_count=19&comm_id=1730147

(http://lightworkers.org/content/33427/weathering-storm-andromedan-common-consciousness)

2008年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
フォトンベルト

1996年宇宙空間に浮かぶハップル宇宙望遠鏡は、宇宙の遥かかなたに存在する<フォトン・ベルト>の撮影に成功した。
 このフォトン・ベルトは光エネルギーに満ちており、そこを通過するのに2000年という気が遠くなる時間を要する。確かなことはその領域は人類にとって全くの未知の空間だという事である。
 1991年、アメリカの天文学者ロバート・スタンレー博士は人工衛星の観測データから、プレアデス星団付近にあるフォトン・ベルトの存在を科学的に突き止めている。博士は報告書に次のようにしたためた。

 “この濃密なフォトンは、われわれの銀河の中心から放射されている。わが太陽系は、1万1千年ごとに銀河系のこの部分に進入し、それから2000年かけて通過し、そして2万6千年の銀河の軌道を完結させる”と。

フォトンとは光エネルギーのことで日本語には「光子」と訳されている。
フォトンは太陽からも発生している。物理学的に解説すると、いわゆる光は光の粒々としては光子(フォトン)であり、波としては電磁波と呼ばれる。
そして、この光子が電磁気的な力を媒介しており、そういう力の働いているところが<電磁場>と呼ばれている。

フォトンとは、反電子(陽電子)と電子との衝突の結果生ずるもので、二つの粒子は、この一瞬の衝突によって互いに破壊し合い、この衝突の結果生じるものが、フォトンとか光の粒子とか呼ばれるエネルギーに完全に変換される。  
それは素粒子の物理的崩壊によって得られる光以上のものとされ、多次元の振動数を持つ次元間エネルギーであるとされる。

さらにフォトンはきわめて高次元の電磁波エネルギーであり、そのエネルギーは全ての生命体を原子レベルから変成させ、遺伝子レベルの変容も行い進化させるといわれる程である。 しかも寿命は無限大とされる。

 最近、太陽活動に大きな異変がみられ、極めて憂慮すべき事態にあるのだと報告されている。
 1999年イギリスのラザフォード・アップルトン研究所のグループは、“太陽の磁場に異変がみられる”と発表した。研究グループの発表では、太陽の磁場が過去100年間でなんと2倍以上になっていることが分かったというのである。太陽の磁場の長期的な変化が分かったのはこの時が初めてだった。
 さらに過去100年間で0.5度気温が上昇した地球温暖化の原因との関係も、原因は太陽磁場の変化にあると研究チームのリーダーであるM.ロックウッド博士らはみているとも重ねて見解が発表された。

 このようにいま地球的規模、いやそれ以上に宇宙的規模で大異変が起こり始めている。
たとえばいま国際的に大問題となっている地球温暖化現象も、実は原因はCo2ではなく、このフォトン・ベルトによる影響と考えられる。


--------------------------------------------------------------------------------

 さらにはいま地球全体で起きている天変地異も、フォトン・ベルトの存在を無視しては説明できない現象が多々起きている。
 先日の米・CNN−TVの報道では太陽系で最も遠い位置にある冥王星が温暖化していることがわかったという。これも従来からの科学的分析では説明できない現象だ。

 また、最近の研究でわかってきたことは数千年前に生きた古代マヤ人たちはこの<フォトン・ベルト>の存在を知っていたのではないか、ということだ。
 多くの人たちが知るように古代マヤ人たちが完成させたマヤ暦は、グレゴリー暦にすると2012年12月22日で終わっている。

 果たしてこの日が何を意味するのか。


(転載)
<フォトン・ベルトと地球の未来>

■2012年12月23日 人類は新次元に進化する■