わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual - 2008/10

My hobby is spiritual暮らし生活に役立てるスピリチュアルツール
カテゴリ
わたしの趣味はスピリチュアル
わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual/一覧 (214)


ようこそ!

◆管理人のプロフィール
趣味:インド哲学・チャネリング・ヒーリングソング・クジラの木彫
性別:男性 住まい:首都圏の山間(やまあい)

おすすめ動画

かたつむり〜一茶





七つの子〜モダンフォーク調








2008年10月
     
 

新着エントリ
新たな地殻の誕生 (8/9)
サルでもできる簡単なチャネリング方法 〜サイトの紹介 (7/28)
おすすめユーチューブ アイ アム ミッシング ユウ (7/13)
書籍紹介・神との対話 25のコア・メッセージ!ニール・ドナルド・ウォルシュ(にーる・どなるど・うぉるしゅ) (6/26)
新曲発表!あなたの中にある海 (6/24)
生きとし生けるものが幸せでありますように。 (6/23)
DAYS JAPAN(デイズ ジャパン)フォトジャーナリズム月刊誌 (5/17)
眼では見えない放射能と霊性。 (5/15)
明日の平和瞑想 日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間) (4/10)
孤独はどこにでもあります。個人はつねに孤独です。ラマナ・マハルシ (3/1)
子供の七つの守護神の歌Seven guardian songs of children (2/22)
Jizo part 2 ( 地蔵その2)・Keyboard(キーボード)弾き語り (2/21)
Sing haiku 俳句を唄う かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (2/14)
Sing haiku 俳句を唄う・我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (2/14)
即興演奏・カリンバトシ (2/7)
ハートの和が回りだす〜夕方の風景 YouTube動画 (2/2)
こころの巡礼・達磨カセットレコード 、ただいまYouTubeびでお・配信中! (2/1)
迎春の一ページ、ムーおひさまの下でローカル音楽動画 (1/27)
猫のサムソン・挿入歌:人間天使〜NewHuman (1/26)
マンドリンで弾き語りこどもろうじん!キャッ!キャッ!キャラバンは行く (1/25)
のんびりインディーズ曲大正琴 イチゴ色の夕日の世界 (1/21)
かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (1/20)
学びなさい、全世界をあなた自身とすることを!音楽動画 (1/19)
我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (1/18)
七つの子〜モダンフォーク調 (1/16)
無料音楽動画〜ムーおひさまのもとで (1/5)
とても珍しい両手あげ招き猫です! (12/30)
インドのみならず、世界で知られる聖者 (12/29)
心の歌 春は花〜道元禅師 (12/15)


CM

とれるNO.1で、地球も一緒に大掃除








アーカイブ
2008年 (48)
5月 (7)
6月 (10)
7月 (12)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2009年 (36)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (5)
2010年 (15)
1月 (1)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
10月 (6)
2011年 (17)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (6)
4月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2012年 (12)
1月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (8)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2014年 (11)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
11月 (2)
2015年 (21)
2月 (7)
4月 (1)
6月 (2)
8月 (6)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (1)
2016年 (20)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (3)
7月 (1)
9月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2017年 (26)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:537
昨日:531
累計:552,666


RSS/Powered by 「のブログ

2008年10月18日(Sat)▲ページの先頭へ
ミカエルとルシフェル…改訂版BYはるあきら

MIXIよりシェアーします。

チャネラー:はるあきら
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=963290785&owner_id=4922808

ミカエルとルシフェル…改訂版

2008年10月14日18:21

以前載せたメッセージに、間違いや抜けている箇所があったので

訂正版を改めて載せます。お騒がせしました。

************************

4次元の魍魎に囚われた者達

サタンの餌食にされている者達の

神の懐への帰還。

これは、我々天上界の者達一同の願いであり、望みです。

神の懐に。

神の懐に。

我々の輪の中へと戻ってらっしゃい。

また我々と一緒に、手を繋ぎませんか。

あぁ眩しくて私を直視出来ないのですか。

私の光は眩しいでしょう。体に触れたら痛いでしょうね。

でもどうか、無視せずにこちらを向いて頂きたいのです。

天上界でのあの日々、記憶を、どうか忘れて欲しくないのです。

天上界に罰ゲームはありません。

帰って来てくれる、ただそれだけでいい。

ただそれだけで嬉しいです。

皆、今か今かと帰りを待ちわびております。

帰って来た途端に、いきなり頬をはり倒すであるだとか

その様なことは、決して無いのです。

この天上界は、地獄とは違います。

そんなに殺伐としていない筈でしょう。思い出して御覧為さい。

自分自身の魂のルーツ。

己のハートを閉ざしたまま、神に愛でられていた自分自身の

輝き、美しい姿を忘れてしまった、地獄の者達。

心苦しいですが、我々天上界の者達は

ある程度切り捨ててゆかねばなりません。

いつまで、追いかけ回す、ということは出来ません。

よろしいですか。

地球の、愛の星へのシフトアップに向けて

これまで、天上界の者達、宇宙の民達が総出で

この計画に、渾身の力を込めて、参加して参りました。

しかし、この最先端の計画を背負った、優秀な魂達

光の天使達も、数多く地獄に転落してしまいました。

私は悲しい。

戻ってらっしゃい。

皆で、地球の愛の星への門出を祝いましょう。

恵みのワインで乾杯しましょうよ。

剣を交わし合うのではなく、互いに抱きしめ合いましょう。

これは私、ミカエルの願いです。



皆様、アポロンです。

アポロンを、ミカエルは内包致します。

それが私、アポロンです。

この地球における日々を、皆様いかがお過ごしでしょうか。

人生における霊的目覚め

あなた方のハイヤーセルフ、ハイアラーキーとの

お約束を、しっかりと辿っていらっしゃいますか。

このメッセージは、私アポロンからの

皆様への、ウェイクアップコールです。

この地上の人類達は

大陸ごと、この海の底に沈んでゆくのか

それとも、新たな時代の幕開けを

両手をいっぱいに広げ、微笑みを以て出迎えるのかということ。

どちらがいいのかを、よくよく、考えなさい。

今、今です。

今しかないのです。

今、気がつきなさい。

後日検討ですか?私は皆様1人1人の返答を

今、お伺いしたいのです。

今、返事が欲しい。

皆様、天変地異がポイントなのではありません。

要点は、そこではありません。

あなた方の意識の変容、己の神性への目覚め

そして目覚ましき、地球の愛の星へのシフトアップ

これらが大事なのであって

決して天変地異がメインではない、ということ。

天変地異とは、おまけであり

不安要素であり、かつ未解消の事項で御座います。

"起きなければ"気がつかないようでは、話にならないのです。

よろしいですか。

天変地異は、浄化がポイントなのであって

その被害規模が問題なのでは、ポイントなのではありません。

悲惨さが、大事なのではないのです。

あくまでも、浄化が主です。

体に付いた汚れ、垢やゴミを

地球が身震いをして、一度綺麗に洗い流してしまおう

すっかりキレイにしてしまおう、というのが天変地異です。

皆様も、いつまでも体に汚れが付いていたら嫌でしょう。

気持ち悪いではありませんか。


この日本に住むあなた方は、エル・カンタラーという言葉に

良くも悪くも過敏に反応するかもしれませんから、敢えて

彼のことをエル・ミオール様と呼ばせて頂きますが

エル・ミオール様が、太古から今まで人類に向けて

発信し続け、残してきた法を

アッラーであり、エホバであり、ヤハェである

エル・ランティ様のこれまでの指導を

そして数多くの光の天使達が、これまで大変な手間をかけて

紡いできたこの光の布を

各々手渡しで繋いできた、この希望のバトンを

どうか、無駄にしないで欲しい。

水の泡になります。

全てが、海の藻くずと消えてしまいます。

皆様、分かっていますか?(はっはと笑って)

ちゃんと、帰ってらっしゃい。(にこりと微笑みながら)

逆に…そうですね。

皆様のマインドを覗いていますと

まるで、一思いに

この大陸と一緒に、皆で沈没してしまいたいと

その様な思いを抱いていらっしゃるのかと

思えて仕方がないことが、しばしばあります。

そうではないのならば、いやそれは違うぞと仰るのであるのならば

今、改めなさい。

そのような、かような愚かな思い込みは、今すぐ止めることです。

或いは、救世主達が、宇宙の同胞達が、或は創造主達が

UFOなぞに乗って降りて来たりですか?

かような者達を呼ぶのは、まずやることをやってからです。

天上界に帰ってから悔いのないように

出来る限りのことをやってからの話です。

それを誤解なさらぬように。よろしいですか。

あなた方のマインド、肉体、そして魂が癒され、ケアされ

胸に秘めた本来の輝きを取り戻し

その輝きを己が神性として、一点の曇りも無く、自覚した時に

初めて個人レベルにおける、集団における、社会における

国家における、そしてこの惑星

地球における救済というものが成し遂げられてゆく

この地球を愛の星へとシフトアップさせてゆくという

雄大な命題が実現へと向かってゆく、ということ。

よろしいですね。



自分自身の下に、自分自身の魂が尊重され、肉体が充実する

状況や環境、人間関係を引き寄せたいのであれば

あなた方はこまめに

マインド、思考の流れ方をケアして下さい。

自分自身の生活、自分自身の人生の問題は

あなた方の思考と、密接な繋がりがあり

あなた方のエネルギーの側面にも、持ちつ持たれつの

密接な関係があります。

状況を変えたいのであれば、少しずつでもいいので

まずは思考を、意識的に変えてゆく必要が

シフトさせてゆく必要があります。

あなた方には、自分自身の魂の平安

魂の安全を尊重する力を持ちますが

それと同時に魂というものは、己が十二分に発揮される機会を

切実に望んでいます。

平安と充実のこれらの兼ね合い、良いバランスが

あなた方の人生に、豊かさをもたらすことでしょう。

私は天の使い、ミカエル。



次にルシフェルのチャネリングメッセージです。



!サブカルチャーとかあるだろ?例えば。

そういうのとかは、俺はよく見るぞ。

面白ーなみたいな感じで色々見てるぞ。上からな。

所謂「俗っぽい」方か〜?

まぁそこら辺は割とよく見るぞ。ひょこひょこっとな。

あれもあるしこれもあるな〜って感じでな〜。

やっぱりサブカルチャーとか、アンダーグラウンドか他には。

そこら辺に若い奴らって興味湧くだろ?

うん、だからそこら辺でな
「おい、これやったら面白いんじゃねぇか?」とか

な〜

「おーこれやってみ〜」とかやるぞ〜たまにな。

楽しいだろ?楽しいな。楽しい。んふふふ。



ま〜上の人とかなぁ?上の人とかって

あんまりそういう現代のこと、分からないだろ?

例えば9次元ならゼウス様とかマルガリータ大師か…

ギリシャとかレムリアだったらな。他にも色々いるだろ?

まぁマルガリータ様なら…コギャルとか(笑)知ってるみたいだけれど…

意外と、あんまり知らないってか疎いんだよ。そこら辺はな。

うん、だからそういう方々に「こういうのは如何でしょう?」とかな

「こんな風に地上はなってるみたいですけど…」とかはよく言うけどな。

「こういう感じになってるんです。」とか言えば

「あぁ成る程、そうか。有難う。」みたいな形になるんだろ。

まぁ割とこうリアルタイムで起こってる…

まぁ若い者達で盛り上がっているカルチャーとか

考え方とか流行、流行してる言葉とかあるだろ。

そういう物を分析してゆくわけだな仲間達と。

んでまぁ上に伝えると、いう仕事を、私は昔からしていた。

ただまぁ、そこに捕らわれ過ぎていて…

情けないことになってたこともあるぞ…一時期な。

うーん正直ちょっと困ったなその時は…

ただどうしても、結局リアルタイムで追って行かなければいけないと

私は思ったから…出来るだけ。

出来るだけそういう場所に身を置いたんだな、私は。

まぁそういう形でな…助力出来ればいいなと思ったんだよ。

色んな形でな。やっぱり。んふふ。



?えっと、あのハルト君は、この地上がいつ沈んでもおかしくないって…

!あー

?その当たりは…どの様に。

!…そーじゃないか?あの調子だったら。正直…うーん危ないと思うぞ。

?あ〜

!だって、決まってないんだろ?よーは。結末がよ。

今ある程度プラスのエネルギーが強烈に働いてるわけだろ?

この地上に。な?

だからもってる。

でもいつまでもそれが降り続けてる訳じゃないんだろ?よーは。

それが無くなった時に果たしてどーなんのかってことだろ。

その時あなた方は一体どうするんですかってことでしょ?

そーゆーことがイマイチ分かってねぇやつが多いんだろよーは。

若いやつも年老いてるやつもな、太ってるのも痩せてんのもそうだな。

男も女もおかまもレズもそうだな。

?笑

!色々いるだろー、レズもいるなー。バイもいるし、何でもいるだろ?

分かってねんだな、よーは。んふふふふ。

?はいはいはい

!情報がないとか、情報を得る手段がないとか…ってことじゃないか?

結論から言えばそうだな…



このままだったら、ま〜いい結果無いと思うぞ、この先。

まー大陸が沈むどころじゃないぞ。

核戦争とかだぞ。

核戦争で、宇宙に放射能が広がってくぞ?

それどころか宇宙に風穴が開いて、ブラックホールが開いて

他の銀河も全部飲み込まれていくぞ。

そういう場所になっちまってるんだよ、この地上がな。

な?広島の爆弾あるだろ?

あんなもんじゃないぞ?あれの数千倍数百倍

性能のいいものが並んでんだぞ、各国に。

広島の様子知ってるだろ、あれでこれだけのこと出来んだぞ。

あれの数千倍数百倍性能のいいものがあるんだぞ、ズラっと。

水爆もあるし…原子炉もぱっぱかぱっぱか

動いてるってことだろ?う〜ん。凄い状況なんじゃないか?

絶望的かもしれないぞ〜?端から見ればな。



? そういう物を作っている人たちの意識って…

! んふふ、そりゃ操られてるに決まってるだろ。

? 操られているっていうのは?

! よーはだから、下の奴等の意向としてはな

まーよーは上の神々が今まで宗教とか打ち立ててきたんだろ?地上に。

本来ああいうものは結局人間の指針となるべきものなんだろ?

ある程度な、導いたり、意識を変えてゆくものであるべきなんだろ?

そういうものが歪んでるってことだろ?

そういうものが歪んで…宗教を信じているが故に

人々が争わなきゃいけなくて

結果的にこの地上が滅ぶって形にしたいんだよ


下の奴等はな。

神なんかいないんだと。

そんな神や宗教なんか信じているが故にこんなことになっちまったって

ことにしたいんだろ?

んでまあこの地上を核戦争みたいな形にして

この地上を地獄の霊で溢れかえさせたいと

んでこの宇宙を真っ暗にしたいってのが

彼らの願いなんだろ?な?



地球は格好の場所だろ〜だって

めったに無いぞ、宇宙の中でもここしか無いぞ

こんなに綺麗で美しい場所は。

そういう惑星から溢れ出る、尊いエネルギーがあるんだよ

そういうエネルギーを逆手にとれば…反作用で

もの凄いエネルギーになると思わないか?

マイナスに働けば…だからそういうことを狙ってるんだろ、逆に。

…違うか?

美しいが故に、そういうマイナスエナジーを用いたがる奴等も

いるってことだろ。

美しいが故に、逆にそういうこともあるってことだな。

それをまず、認識した方がいいと思うぞ、もっと。

今のこの状況を受け止めた方がいいんじゃないか?

はっきり言うけどな〜。

受け止めるには大変かもしれないけど

そういう状況なんだよ、はっきり言うけど。



瀬戸際だぞ、ギリギリのライン、狙ってるんだよ、お互いな。

お互いギリギリのラインがあるわけだろ?

こっから先は本当に地球が危ない、宇宙が危ないってラインが

あるんだよ、そういうのがある程度な。

そういう場所を見計らいながら、それこそ

ミカエルのような者が、地獄に堕ちてしまっている奴等に

一生懸命「天上界に帰ってきなさい」って言ってるんだろ?

俺みたいな奴がいたような場所があるんだって。

そこへミカエルが必死にこうやって…

剣を…つるぎでばっさばっさと切ってな

暗闇を払って…拾いあげてるんだろ?どんどん。

そういう状況なんだよ、よーは。

こっから先はだめだと

こっから先はアセンションさせるぞと地球を、ってことだろ?

させないと地球が危ないんだって。

だから今、みんな必死なんだって。う〜ん。



アセンションする時…つまりその

地球が新たな次元にシフトする瞬間ってあるんだろ?

ひょっと、な?

その瞬間つまりな、この3次元レベルの地球が

果たしてどうなんのかってことだろ?

うん、な?

まぁそれこそ、まるでおじいさんか?おばあさんが

安らかに息をひきとるようなのか

それとも大爆発みたいな形になるのかってことだろ?な?

う〜ん、な?地球、アセンションするだろ?

それに便乗出来るやつらは安全だろ?な?

しかしそこに留まって、捕らわれている奴等は

地球の最後に巻き込まれるってことだろ?

よーは。うん。で、今の状況のままだったら

…おのずと分かるだろ?そこにいる奴等の結末ってな…

悲惨だぞ。

だから今必死なんだって。上の奴等は。

なんとかしなきゃってことなんだろ。

俺みたいな奴もちゃんと帰れたりとかするんだって。うん。

これはもう、感謝し尽くせないものがあるぞ、帰れたっていうのは

頭が下がらんぞ。

そういうことだな。



? で、一番アセンションし易いのが2012年の12月22日って…

!よく言うよな〜そうやって。

分かんねーぞ、そんなの。

地球をアセンションさせなきゃならないんだから、な?

地球をアセンションさせなきゃ、それこそ例えば

ブラックホールみたいな形になるんだろ?

地球どころか、全銀河系、宇宙に迷惑がかかるんだってこれは。

だから地球が危ないんだったらそれこそさせるかもよ、上の神がな。

本当にそういうことさせるぞ?多分。

「させなさい」と、「させます」と

言ったらそりゃ意向受けるだろリーダー格は。

地球は大事だぞ。とても。

この地球の生命体もとても大事だと思うぞ、やっぱりな。

必死にそのガイア様とかテラ様か?

まぁ宇宙意識もそうだけど、地球意識も

一生懸命訴えかけてるわけだろ。

地上にいる者達にしてもそうだし、マイナスエナジーに捕らわれている奴らに向かって

叱咤激励してる訳だろ?

そういう中でどんどん「あ、このままではいけないな」と

まぁ悪魔の大将とか色々いるからな

そういう奴らが今どんどん目覚めていると、いうことだろ。

「あ、そうか。俺はこんな場所にいるべきではないな。」

ってことで、目覚めてるってことだな、今。

「しまった。」と「しまったな。」と

んで「御免なさい」と言ってるってことだろ。

みんなに対してしっかり頭下げてな。

んで「いや、良かった。」と。

「帰ってきてくれて嬉しかった。」って形になってるんだろ?今どんどん。な?

そんな中でも悪魔のリーダーとかが「まだ此処にいろ。」

「ふざけるな。帰ることは許さないぞ。」みたいな感じでやってる奴もいるけど

皆必死だぞ。死に物狂いだな。

消えるぞ?

消えちまうのは嫌だろ、だって。

消えたくないだろ…

だから上に帰ってる、ってことじゃないか?結論から言えばな。



守るぞ、俺は。

お前ら地球人類のことを、しっかり守るぞ。

頼ってくれるならな、ある程度。

しっかり守るつもりでいるから。色んな形でな。

これはルシフェルとしての思いだからな。

とりあえず私はもう天上界にいるから

私なりのサポートを出来ればいいと思っている。

まぁ、あまりでしゃばることは無いと思うけどな。

それは上の方々の考えもある程度あるから。うーん。

? 謙虚だ!

! まーな。そりゃ謙虚だぞ。それなりには。

居た場所が居た場所なんだから、謙虚になるだろそりゃ。

文句言われてもしょうがないだろって、な?

文句言われて俺はしょうがない身なんだって。

うーん。そうじゃないか?

まぁ俺も色々あるけどな、やりたいことは。ンフフ。

まぁ、俺の倫理で動いてるから…それなりに。



はるあきらさん ありがとう。

読んでくれた皆さんに祝福を。

2008年10月16日(Thu)▲ページの先頭へ
カナダのヒーリング音楽家ロバート・コクソンさん

ようこそ

カナダのヒーリング音楽家

ロバート・コクソンさんのヒーリングミュージックを

聴いたことがありますか!




◎スピリチュアルTVで聴くことができます。

http://www.spiritual-tv.com/old/kryon_r01.wmv

良かったら見てください。

お薦めします。






2008年10月12日(Sun)▲ページの先頭へ
私たちのいにしえの歌〜10:10:10のスターゲート

MIXIコミュニティーの

Arrived Energy On Earth トピックより
(http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35792262&comment_count=4&comm_id=1730147)

#446 私たちのいにしえの歌〜10:10:10のスターゲート

2008年10月07日 22:35

翻訳 Jueux


By Kate A. Spreckley


『あなたの仕事とは愛を捜さないこと。あなたの仕事とは、単にあなたが愛に対して造ったすべてのバリアを自分自身の中で捜し、見つけることだけです』 〜Rumi

甘んじて受け入れ、降伏し、それに身を委ねること…これが、進化の成長・発展における私たちの現段階で重要なことなことになります。日常のリアリティの幻想が崩れてきたことで、ライトワーカーである私たちは今、ライトワーカーとして、世界で必要とされている虹の光の架け橋を私たちの中で起動させることが不可欠になっています。

人間として私たちそれぞれには、魂を高め、進化のプロセスを進めるために用いるべき、神聖な・貴重な贈り物が授けられています。このスペシャルな贈り物は今、私たちのハートの中で目覚めつつあり、私たちの内なる知恵・知識の記憶も活性化されつつあります。私たちは、私たちの“創造の歌”を用いて、自分自身をオリジナルの言語=愛と光の言語に目覚めさせるよう、求められているのです。生きとし生けるもの〜それぞれによって表される愛と光の中には、私たちの“創造の歌”があります。“創造の歌”…それは、地球の進化の知識、そして生きとし生けるものすべての意識のことです。

この知恵を受け入れることで私たちは、自分の起源を見つけることもできますし、自分のDNAにコード化されている自分の運命にアクセスすることもできるようになります。そして、自分のいにしえの起源と再びつながることで、エネルギーの流れはDNAを通して自分の個人的な記録を起動させ、自分独自の目的や存在している理由の記憶を目覚めさせ、自分の運命へと向かうことを容易くする流れをもたらします。

創造主・偉大なるスピリットの愛と光への私たちの真の経路は明らかにされつつあります。その道を進むことは容易いことではありません。しかし、それは美しく、私たちに素晴らしい贈り物を授けてもくれます。その贈り物とは、創造主の愛と光の流れにコンスタントにつながっている能力です。この贈り物は、困難で暗黒の瞬間でも私たちが優雅に容易く動くよう助けてもくれます。混沌や危機の時間であろうと、自分のハートに従えば、私たちは恐れから開放され、自分の進む道に安全を感じることができます。そしてチャレンジの間でも、明晰さを維持することができます。私たちは今、重大な復活・再誕生の時間にいます。私たちは、自分がしがみついているものをみつけ、それを手放さなければなりません。恐れ、そしてコントロールの必要性が私たちの世界を支配してきましたが、今こそ、自分自身を赦し、ものごとの向きを変えるためにできることは何であろうとする時間です。私たちの細胞に納められているコード化された情報は、自分のエネルギーセンターが完璧にオープンになるよう…そして霊体・メンタル体・感情体・肉体を整列させるよう…解放されつつあるからです。

ヒーリングエネルギーの波は、私たちの感度を高め、安らぎの感覚を持つことも可能だという感覚をインストールしています。なぜなら、私たちへの聖なる贈り物は地球上の領域で再誕生されるべきものだからです。この高められた感度で私たちは、自分の“より高次の意志のパワー”にアクセスすることができるようになります。そうして自分が言うこと・することすべてに、その自分のより高次の意志のパワーを引き入れることもできるようになります。私たちのパワーには、強さというものもあります。それこそ、勇気です。自分の“より高次のパワー”を用いることで私たちは、自分を敬い・バランスと保つ境界の中にある“愛の価値の原則”を体現することになっていきます。

私たちは存在秩序の危機を経験しています。なぜなら、私たちそれぞれは順応的なシステムを設計し、一定の生活様式を作り上げてきたからです。この危機が、私たちに安全性と養育に関しての大きなレッスンをもたらしています。しかし、私たちが“より高次の展望”から世界を眺めれば、組織・構造の古いやり方はまさに、私たち自身の行動パターンや凝り固まった習慣(癖)の反映であるとわかるはずです。私たちは、以前に自分が自分の生得権として主張してきたもの=自分が保ってきた信念や自分に付随させてきたものを注意深く見つめなおさねばなりません。

地球のスチュワードとして私たちは、自然界を敬いバランスを保つ道を歩むために、善きことのために自然界のパワーを用いることになっていきます。自然界は私たちを導き、ハートとマインドのバランスをとること、そして生きとし生けるものすべてを敬い讃える新たな世界のビジョンを生み出すことにおいて、私たちのアシストをするでしょう。私たちの地球の上に集まり・顕れてきている光は、最も困難なエネルギーの中に保たれているすべてに対しユニティとスピリチュアルな光をもたらしています。

エネルギーは、過去の抑圧・父権的な構造からの解放のためにバランスを取ろうとしています。そのため、私たちの意識とスピリチュアルな進化の間にある分離という誤った概念は、溶解されつつあります。また、私たちには自分生来の神性を意識的に知り・受け入れる機会ももたらされています。このような急進的な意識のリープによって、私たちの“アイデンティティの感覚”は、身体的な生き残りに駆られた衝動と恐れによって動機付けされていたものから、無条件の愛と大いなる知恵によって動機付けられたものへとシフトしてもいます。私たちは、幻想のベールを引きちぎるよう、そして恐れ・罪の意識・恥の意識・疑い・否定といった昔ながらの束縛から自分自身を解放するよう、誘われているのです。自分の真の生得権を取り戻すことができ、立ち上がることができるようにするため、すべてのレベルにおいての真の解放が、私たちに提示されているわけです。

生命のミステリーが新たなサイクルを始めたことを祝う時です。私たちを母なる地球に結びつけるエネルギーコードは強められ、高次のスピリチュアルな光の周波数が私たちの肉体中・私たちの世界中を流れるのを許しています。私たちは光の時代へと動きつつあります。そして、私たちのスピリチュアルな成長の過程とゴールとは、聖霊の振動に共鳴した振動を具体的な物質にもたらすことになります。創造主の愛と光のための導管となることにフォーカスを当てること…そして自分の考え・行動・言葉・行為を通して具体的な・物質的な領域にその愛と光を顕現させること…それこそが私たちのすべきことです。たとえ光の時代が私たちの世界に生まれるとしても、この認識でもって私たちは、自分の言動すべてを通して創造主の愛と光を表現しなければなりません。

私たちの新たな生命に純粋なヒーリングのエネルギーの流れが流れることで、それが私たちの細胞を癒し回復させ、DNAのエネルギー構造との直接的なリンクを生み出します。そしてこれが、DNAの中に保たれてきたミステリーの解読を許すものになります。私たちの細胞メモリの急速な癒し・処理・統合こそ、内なる明晰さを生み出すものでもあります。私たちのハート・マインド・身体では、その中にあった“魂を損なってきたもの”が浄化されています。私たちそれぞれの個人的な進化は、中毒・虐待・自分に何かを付随させるといった古いパターンが落とされるよう、その速度を速めています。ネガティブな・自己破壊的な癖・習慣も除去されつつあります。そして私たちがこれからする選択は、心を動かすことがないものから自分を去らせること、あるいは自己認識の核心へと自分を導くものにすることができます。

分離の幻想の中にある信念は、私たちにアンバランスを引き起こしてきました。けれども創造主の愛を自分の生命(人生)に受け入れることによって、私たちは光にそった癒しと回復を身体にもたらすことができます。光は私たちの人生を覆っていたあらゆる闇を払いのけ、明るさ・明晰さを取り戻すことを許します。私たちは完璧なセンターにいます。そこは宇宙の調和的な力が組み合わさったところで、創造のすべてを通しての意識の黄金の光を放っているところです。自分のハートの中にあるワンネスの炎に火をつけるために創造主を受け入れる意識の流れへと、その意識をもって動くよう、私たちは誘われています。


http://lightworkers.org/content/48630/spirit-pathways-our-ancient-songthe-101010-stargate

2008年10月06日(Mon)▲ページの先頭へ
ガンディーのチャネリングメッセージ

ようこそ

あのガンディのメッセージ!

とても興味深いお話です。


これはレイ・チャンドランさんによるチャネリングです。

ガンディ  2007年12月
Q.カースト制度についてどう思いますか?

私は生前からカースト制度に反対してきましたし、今も必要ないと思っています。
私はブラーミンの家庭に生まれましたが、それよりも多くの人々、大衆と一緒にいることを望みました。
カーストが作られたのはその時代にそれを必要としていた人がいたからであり、
これを継続するものではありませんでしたが、社会的に継続してしまいました。
特にこの時代まで持ち越すものではありませんでした。
しかし、今は変わってきています。
カースト制度は人間にラベルを貼るものです。
人間は体ではなく、神聖な魂であり、ラベルをはれる存在ではありません。
カースト制度は人を制限するものです。人の試みを妨げ、魂を妨げるものです。
ですからこの制度に反対なのです。

私はプラーミンでしたが、全ての人と交わり、肉を食べ、酒を飲みました。
全てを経験したかったからです。
ですからこの制度は私にとって意味を持たないものです。

Q,あなたはアフリカで差別を受けてから、差別に対して立ち上がったと聞きましたが、
それ以前はカースト制度に疑問を感じていなかったのですか?

これは2つの質問です。
アフリカでの経験は設定通りの出来事でした。
そしてそれ以前は人間として、苦しんでいる人に共感をしていました。
見下されている人への思いやりは持っていました。

しかし、南アフリカでの出来事が私の使命を開花させるきっかけとなったことは事実です。
それまではただ共感することに留まっていたからです。
そしてその出来事により、自分の契約を思い出し、立ち上がったのです。
私はカースト制度を廃止するためでなく、人々の自由の為に戦いました。
全ての人の自由の為に。
私はカースト制度ではなく、人々の魂を自由にする為に戦いました。
自由、それが人類の持てる最高の形式です。
多くの人が自由を当然のように謳歌しています。
牢獄につながれてはじめて自由の尊さに気づくのです。

人は最低の自由は確保するべきです。
魂を自由にすること、それが3次元でも、この高次元でも最も意味のあることです。

あなたは恐怖を感じていましたか?

これも2つの意味をもちます。

私は自分が体ではないことを理解していましたから、私を傷つけるものは何もないことを
知っていました。ですから不安ではありませんでした。

しかし空腹の為に痛みを感じることはありました。
でもその時には自分の新しい使命を理解し、全てをコントロール出来るようになりました。
私はマインドのマスターとなることができました。
私は大衆の自由化について意識を集中させていましたからそのために思考プロセスを
完全にコントロールすることが出来ました。
私は自分の内なる力を引き出せることを知っていたのと同時に、
高次元からの導きをいつも受けていました。
私の道が困難なことを理解して、多くの光の存在が私にインスピレーションを与えてくれました。

空腹を恐れたかと言うとそれはありません。
ハンガーストライキは私を表現するツールの一つであっただけです。
そして私は自分自身の体と考えていませんでした。
ですから私はつつましい生活を続けたのです。
私は魂であり、光であり、この体ではないと知っていたからです。

分離の時代、多くの人が亡くなり、特にあなたが暗殺された時、
インドのヒンズー教とイスラム教にとって大きな転機を迎えたように思います。
どう思いますか?

人や土地への戦いを見るのは心が痛いことです。
でも、いつの時代も自分の光を放ち、その闇に影響を与える人がいるのです。
統合には必ず追放や暗殺が伴うものです。
私はあのような形で命を捧げることを決めました。

この転生の前はどんな人だったのですか?
このように国に尽くす勇気はどこから来たのでしょうか?

私は光の存在としてこの人生への準備を進めてきました。
この人生で人類を解放する機会を持っていたのです。
前世で多くの人の前で人々の理解を深め、調和を促すことを
してきました。
深く人間の行動、性質について研究を続けてきました。
指導者の資質とは人間の行動、性質について理解しているかどうかに
関わってきます。
指導者がどのように人を率先するか、それは芸術的な行動でもあります。
政治家を人を惹きつける必要があります。
ガンディーとしての変化を起こす為に、様々な人生を経験しました。
インドの地で皇帝であったこともあります。
インドを知る為にです。
中国で皇帝に献上する論文を書いていた学者であったこともあります。
メソポタミアでも人生を送っていました。
それら全てで多くの人々と過ごし、訓練しました。

私はいつか人々から攻撃されることを知っていて、その人達に共感するために
インドでも女性として転生し、慈愛・子への愛の本質を学びました。

リンク元:アンバサダーズ・オブ・ライト

2008年10月05日(Sun)▲ページの先頭へ
○この10月エネルギーに対しどのようにワークするのが最もよいのでしょうか?

MIXIコミュニ・Arrived Energy On Earth トピックトピックより

10月のアカシックレコード(1)

○この10月エネルギーに対しどのようにワークするのが最もよいのでしょうか?
How can we best work with this energy?

 これまで述べてきたこととは別に、10月の間は恩寵(grace)を体現するようにするとあなたが完全性へと拡大することを助けてくれるでしょう。様々な活動において、あなたはリラックスするほど有能であるということを思い出すのによい時です。あなたが緊張や葛藤にとらわれたとしても、あなた自身の達成のプロセスが遅くなるだけです。こうした知恵がこれまで以上に真実となる時です。恩寵についての思考はあなたが真にリラックスする助けになります。また、来たるものの流れにのり抵抗を手放す助けになります。イエス・キリストのイメージについて考えるのも一つの方法でしょう。また、マザーテレサ、老子、聖フランチェスコ、その他のマスターやスピリチュアルリーダー、そして慈悲を持つことで知られ、人間の日々の活動に分け入り、恩寵や慈悲の見地を持って対処してくれている教師達について考えてもいいでしょう。

 今月はあなた方もこれら教師達の一人として顕現していると考えて下さい。あなたはどんな状況においても心の平安と開いたハート、優しく触れることで状況に恩寵をもたらすことができるのです。少しこれを楽しんでみて下さい。あなたの毎日の生活に恩寵の感覚を取り入れることを楽しんで下さい。部屋に入る時はあなたのハートにこの恩寵の感覚と優しさを抱いて、何が起こるか見てみて下さい。覚醒していくということはあなたの神聖なる自己を取り戻すということです。神聖なる自己こそが教師でありマスターなのです。高次においてはあなた方はみな等しく、愛、寛容、理解という称号を持っています。それを勝ち取ったり無理する必要はありません。ただ、今月のエネルギーが、あなたをそういうエネルギーや在り方へと連れ戻すのを許せばよいのです。それはあなたという存在の一部です。あなた方は自分の神性を思い出すために努力してきました。今月、あなたはまさにその神性とともに生きることができます。もう努力する必要はないのです。

○2008年10月についてキーパーが我々に語りたいことは他にありますか?
Is there anthing else the Keepers want tell us October 2008?

 あなた方の多くにとって、10月は人生が楽に感じることでしょう。警戒する必要はもうないのですが、自己満足はためにならないということも重要です。物事のために闘う必要はないのですが、今月はオープンかつ活動的でいるようにして下さい。学びの経験や感じたり見たりすることに対していちいち警戒する必要はありませんが、新しい情報や新たな挑戦に出会うようにして下さい。2008年10月は人生への関わり方として活動的な休息をとるようにし、すべてをもっと優しく行って下さい。
 急いだり強行したりせずに、動き続け、新しいものを見たり試したりし続けて下さい。そうすれば、この先何ヶ月かあなたがそうなるように、今月の間目覚めていられるでしょう。統合すべきこと―たくさんの喜びと叡智があります。あなたが10月の間目覚めて活動的でいれば、それらすべてがあなたの手に入りやすくなります。今月の完全性を楽しんで下さい。あなたに滋養を与え、今月許された平和の感覚を抱擁して下さい。それはあなたのものです。あなたが働いて得たものなのですから!

リンク元:http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=35659985&comment_count=11&comm_id=1730147