わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual - 2012/07

My hobby is spiritual暮らし生活に役立てるスピリチュアルツール
カテゴリ
わたしの趣味はスピリチュアル
わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual/一覧 (214)


ようこそ!

◆管理人のプロフィール
趣味:インド哲学・チャネリング・ヒーリングソング・クジラの木彫
性別:男性 住まい:首都圏の山間(やまあい)

おすすめ動画

かたつむり〜一茶





七つの子〜モダンフォーク調








2012年7月
       

新着エントリ
新たな地殻の誕生 (8/9)
サルでもできる簡単なチャネリング方法 〜サイトの紹介 (7/28)
おすすめユーチューブ アイ アム ミッシング ユウ (7/13)
書籍紹介・神との対話 25のコア・メッセージ!ニール・ドナルド・ウォルシュ(にーる・どなるど・うぉるしゅ) (6/26)
新曲発表!あなたの中にある海 (6/24)
生きとし生けるものが幸せでありますように。 (6/23)
DAYS JAPAN(デイズ ジャパン)フォトジャーナリズム月刊誌 (5/17)
眼では見えない放射能と霊性。 (5/15)
明日の平和瞑想 日時: 2017年4月11日 15時8分 (日本時間) (4/10)
孤独はどこにでもあります。個人はつねに孤独です。ラマナ・マハルシ (3/1)
子供の七つの守護神の歌Seven guardian songs of children (2/22)
Jizo part 2 ( 地蔵その2)・Keyboard(キーボード)弾き語り (2/21)
Sing haiku 俳句を唄う かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (2/14)
Sing haiku 俳句を唄う・我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (2/14)
即興演奏・カリンバトシ (2/7)
ハートの和が回りだす〜夕方の風景 YouTube動画 (2/2)
こころの巡礼・達磨カセットレコード 、ただいまYouTubeびでお・配信中! (2/1)
迎春の一ページ、ムーおひさまの下でローカル音楽動画 (1/27)
猫のサムソン・挿入歌:人間天使〜NewHuman (1/26)
マンドリンで弾き語りこどもろうじん!キャッ!キャッ!キャラバンは行く (1/25)
のんびりインディーズ曲大正琴 イチゴ色の夕日の世界 (1/21)
かたつむり〜小林一茶の俳句より 短い弾き語り、こどもろうじん (1/20)
学びなさい、全世界をあなた自身とすることを!音楽動画 (1/19)
我ときて 遊べや 親のない雀 一茶 弾き語りこどもろうじん (1/18)
七つの子〜モダンフォーク調 (1/16)
無料音楽動画〜ムーおひさまのもとで (1/5)
とても珍しい両手あげ招き猫です! (12/30)
インドのみならず、世界で知られる聖者 (12/29)
心の歌 春は花〜道元禅師 (12/15)


CM

とれるNO.1で、地球も一緒に大掃除








アーカイブ
2008年 (48)
5月 (7)
6月 (10)
7月 (12)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2009年 (36)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (5)
2010年 (15)
1月 (1)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
10月 (6)
2011年 (17)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (6)
4月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2012年 (12)
1月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (8)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2014年 (11)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
11月 (2)
2015年 (21)
2月 (7)
4月 (1)
6月 (2)
8月 (6)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (1)
2016年 (20)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (3)
7月 (1)
9月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2017年 (26)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)


アクセスカウンタ
今日:58
昨日:54
累計:553,394


RSS/Powered by 「のブログ

2012年07月14日(Sat)▲ページの先頭へ
シリコンベースの生命体?!



シリコンはクリスタル化という事でしたっけ?
とても進んだお話を一つご紹介します。


エイリアンがクラゲサッカーフィールドのサイズは、政府の顧問を言うことが似ている

英国の衛星の専門家や政府顧問によると、ハリウッドの奇妙なエイリアンの想像は十分に非常にエイリアンないかも​​しれません...
http://www.independent.co.uk/news/science/aliens-could-resemble-jellyfish-the-size-of-a-football-field-says-government-advisor-7920027.html

グーグル翻訳で見てみましょう。
小さな緑の男性から "第9地区"と "エイリアン"映画の中でHRGigerの悪夢のような創造の甲殻類のような "エビ"に - 他の惑星からの訪問者がどのように見えるかを想像するための私たちの食欲は減少の兆しはありません。


英国の衛星の専門家や政府顧問によると、しかし、ハリウッドの突飛な想像は十分に非常に外国人ではありません。

博士はマギーAderin-Pocock -欧州宇宙会社アストリウムでは大手の科学者は-はるかに小さな緑の男性であることから、エイリアンが実際に巨大なクラゲのようになり、ことを示唆している。

英国の科学者が夢見ている奇妙な生き物、彼女は "我々はそれを知らないとして"生活の例を述べています。

彼女は想像するエイリアンは、土星の衛星タイタンのような世界に作成したかもしれないものの進化の産物である。

彼女は、メタンの雲を介してドリフトが彼らの口に化学栄養素をすくっているエイリアンを想像する。

生き物はまた、皮膚を介して撮影光をオフに生きることができるかもしれない、科学者は言う。

エイリアンクラゲ - 博士Aderin-Pocockの想像は、サッカーフィールドのサイズになるとオレンジ色の下腹部を持つこと - 私たちはそれを知っているようにすべての生命の基礎である炭素とは対照的に、シリコンから生成される。

オレンジ色の下腹部は、彼らが自称捕食者を回避することができますカモフラージュとして作用することができる。

エイリアンはで撮影や高度を得るまたは失うために、ガスを出して、自分の体からぶら下げるタマネギ状の浮力袋で浮かんで保持されます。

彼女はまた、彼らは光のパルスを使用して通信することを示唆している。

テレビチャンネルエデンの科学月間の一環として、彼女の外国人を記述された博士Aderin-Pocockは、はるかに彼女のインスピレーションの海の下に深い発見された奇妙な生命体から来ると言います。

彼女は言った: "我々の想像力が自然に私たちは私たちの周り見て、従来の知恵は、生命の水を必要とし、炭素ベースであることをされているものに制限される。

"しかし、いくつかの研究者は、私たち自身の非常に異なる環境で他の惑星で進化してシリコンベースの生命体としてのアイデアで遊んで、エキサイティングな仕事をしている。

"外国人の私のビジョンはSFの小さな緑の男性よりもクラゲのような多くのように見える非人間的、シリコンベースの生命体です。"

"シリコンだけで、周期表で炭素の下にあ​​る、いくつかの化学的類似性を有しており、宇宙に広く利用可能である。

"だから、おそらく我々はDNAに類似した命令を想像しますが、シリコンと可能性があります。

"たぶん、人生は全くDNAのようなものに似せてありません。"

星軌道の惑星の最新の発見に基づいて、博士Aderin-Pocockは、私たちの銀河系の存在のように最大4つのインテリジェントなエイリアンの文明があるかもしれないと考えています。

しかし、関与する距離のために、彼女は私たちが今まで遭遇しそうであると考えています。

"異なる言語で、地球からの挨拶の録音を運んでいるボイジャー1号宇宙船は、1970年代以降、太陽系を通過されたとばかり深宇宙にそれを行った"と彼女は言った。

"我々の最も近い近隣の星、プロキシマ·ケンタウリに取得するには、76000年もかかるだろう。"

湿った酸素雰囲気は致命的な発見 - 彼女は、彼らが地球を訪れた場合、地球外生物でも生き残ることができないだろうと想像。


ありがとう。

2012年07月13日(Fri)▲ページの先頭へ
アセンションについて

ブログ「シリウス文明がやってくる」より
転載させていただきました。
http://mihoh.seesaa.net/article/24752621.html

アセンション

アセンションという言葉があります。
精神世界でよく見かけるこの言葉は、
次元上昇という意味において使われています。

具体的には、どういうことなのでしょうか。

それは、意識と周波数の変化であるといいます。

私たちが今まで暮らしてきた世界は、
3次元の物質世界という表現に例えられますが、
この世界だけがすべてではないのです。

その実体は、幾つもの次元で構成される
周波数領域の連なりです。
私たちの暮らしている世界は、
その中のひとつ、多次元領域の一部に過ぎません。

その私たちの暮らす世界が、
今回、3次元領域から5次元領域にまで上昇します。

これは、宇宙のひとつのサイクルです。

春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、
そしてまた冬から春へという季節のサイクルのように、
宇宙での大転換が起きるということです。
これが地球のアセンションです。

この現象は、これから起きるということではありません。
いますでに起きていている最中の現象です。

私たち地球人の選択肢とは、このことです。
私たちがこの新しい世界に入るとき、
例えばですが、死んでからその世界に行くということではなく、
この肉体を持って生きたまま、ということです。
このことは、人類のアセンションと云われています。

これには幾つかの注意点があります。

物質への執着心が強いと困難になります。
また、このことの真実から目を遠ざけさせられるための
トラップ、罠が幾つもあります。

日常、目や耳にするネガティヴなニュースや情報など。
宗教は、真実から目を逸らすものとして、その最も大きな罠です。
スピリチュアルな情報の中にもトラップは含まれます。

それでは、私たちは何を信じればよいのでしょうか。

外にばかり目を向けるのではなく、
自分自身の内面に目を向けなければならないのです。

自分自身が信じられなければ、
他人を信じることは出来ません。

外にある現実の世界を作り出しているのは、
すべて自分自身なのです。

アセンションについて、TVや新聞のニュースでは、
今後も何も教えてくれないかもしれません。

真実は、自分自身の心の中にあります。
アセンションは、個人の意識体験から始まります。

私たちは、これから、
何処か遠くにある新しい世界へ行くのではなく、
新しい世界は、もうすでに、“ここ”にあります。

私たちひとりひとりが、意識の中で、
その世界を見つけ出すことなのです。

そのとき、シリウス文明が始まります。