わたしの趣味はスピリチュアル・My hobby is spiritual - 2017/09

My hobby is spiritual暮らし生活に役立てるスピリチュアルツール




2017年09月30日(Sat)▲ページの先頭へ
DNA活性化に興味のある人はご活用ください。 深い感謝と大きな愛を全ての人々へ。
DNAの12の層・セドナジャーナル掲載より




レイ・チャンドラン氏のセドナジャーナル誌に
掲載したDNAの12の層に関する情報です。

DNA活性化に興味のある人はご活用ください。





愛する兄弟姉妹の皆さん、こんにちは。私はマスター・クツミです。

今日は、覚醒とアセンションの過程においてのDNAの特性と重要性をお話したいと思います。皆さんは、ヒトゲノムと呼ばれるDNAの2層を知っていますね。DNAは実は2層以上から構成され、あなたの霊的進化における次の段階ではそれらを活性化させなければなりません。DNAの役目について考えたことはありますか?DNAはエネルギーと意識を持ち、活性化されるとあなたの魂の旅を加速させることができるのです。

第1層と第2層は、健康と幸福の層です。これらの層の調和が整うと、最高の健康状態を維持できます。現段階と新しいエネルギーの時代では、これらの層も大切ですが、肉体のみならず人生全ての側面に変化をもたらすためには、他の層が深く関与してきます。

それでは第3層についてお話しましょう。この層は、自己探究意識の覚醒の層です。魂は、命の流れのある時点で、自らを知りたいという欲求にゆっくりと目覚めます。この欲求が第3層を活性化させます。通常、この層は無意識の内に活性化されますが、意図的に活性化させることも可能です。人生の旅に迷いを感じる人、自分の存在理由や、人生における高次の目的を知りたい人は、この層と繋がってみると良いでしょう。新しいエネルギーの時代では、意思の力が大変強い道具となり、あなたがこの層の活性化を望むと、内面へ注ぎ込まれていく意識の流れや、自己をより深く理解していく感覚を得るでしょう。この層は、自己発見の層です。

第4層は、信念の層です。この層を活性化し学ぶことが、何故重要なのでしょうか。人生の大部分は、自らの信念からの影響を受けていて、それが思考や感情や感覚に影響を及ぼし、自分と創造主に対する信用に大きく影響しています。この層は、日々の暮らしにおいても、メディア、書物や目にする物、家族や文化による情報を通して痛め続けられています。また、我々の先祖や前世の経験からの影響も受けています。この層を理解していくと、浄化と癒しのために古い信念や思考パターンが浮上してくるでしょう。恐怖心や不安感を抱いたり、抑うつなどの症状に見舞われることもあるかも知れません。そのような時は、是非周囲に助けを求めて下さい。それぞれの層にはマスターが付いており、第4層に取り組む時にはマスター・エルモヤを呼び出して下さい。この層の色は、淡いピンク/緑です。瞑想時に自分の思いの力で、この層の開口部を心に描き、サードアイから意識の流れが流れ込み、肉体へ、オーラへと浸透していく様子を思い描いてみてください。この意識の流れで、自分全体や全次元に及ぶ自分を取り囲むのも良いでしょう。

第5層は、覚醒の層です。理解の層とも呼ばれます。覚醒とは、自己理解の過程です。完全に自己理解を成し遂げた者が、マスターです。この層はとてもゆっくり覚醒しますが、多くの光に満たされ始めると覚醒を早く進められます。そのための方法の一つは、より多くの魂を自らの身に融合させることです。心眼であなたの心の中心から大きく美しく輝きを放つ光を観て、一呼吸毎にその光が大きくなり、あなた全てを囲んでいく様子を思い描いてください。この簡単な方法で毎日自分の魂と繋がっていくと、内側の光の割合を増すことが出来ます。また、天使や大天使、守護霊、先師やマスターを呼び、彼らの光を自分に融合するという方法もあります。あなたと共に居るマスターたちの光と一緒になるように望んでください。あなたのクラウンチャクラからマスターたちの光が入り、魂の光へと注がれ、あなた全体に浸透していく様子を思い描いてください。あなた全体とは、11次元の自己や前世や全ての形体を含む、全次元の自己のことです。この層のマスターは、私、マスター・クツミです。この層に取り組む時には私を呼んでください。この層の色は、銀/白です。

第6層は、アイ・アム(我在り)層です。自己を覚醒し、自らをより深く理解してから、次の段階でアイ・アム層という神聖な魂と繋がることができます。あなたの神聖な魂とは、本来のあなたです。アイ・アム層は、他の人々のアイ・アム層や、母なる神、父なる神、そして創造主とも繋がっています。心穏やかな時に、この層が活性化されるよう願ってください。アイ・アム・プレゼンス(我在りという存在)と繋がるように強く望めば望むほど、この層が活性化されます。あなたのこの強い願望が、自分の体に魂を引き寄せます。魂を通して自らを表現しながら人生を過ごすと、人生を選択し表現するために必要な大いなる魂の英知を得られるでしょう。多くの人々は、自分の個性とエゴを通して人生を表現しています。個性は自ら培ったもの、エゴは恐怖心から発生するものです。あなたが自らの魂と繋がると、創造主からの英知が降り注がれます。そして、自分の魂を通して人生を過ごそうとする時、あなたの人生全ての側面に変化が生じ、自らの限界意識や大衆の限界意識からの抑圧を受けることはありません。そして、平和、喜び、今まで以上の選択肢、勇気、自分に対する信用と自信を得て、直感力が強化されるでしょう。この層のマス ターは大天使メタトロンで、色は金/プラチナ色です。

第7層は、調和の層です。調和とは何でしょうか。調和は、自分自身、そして自らが置かれた状況が完全であると感じる意識です。調和が整った人は、自分や他人に対してどんな場合でも感情的になること無く、自分や相手、またその状況を完全に受け入れようとする感覚を持ち合わせています。今までにこの惑星の地を踏んだ者の中で、最も調和が整っていた種族がプレアデス人だったことから、プレアディアン層とも呼ばれています。あなたは、調和の整った人生を送ることに興味がありますか?人生のどの側面で調和を望みますか?それは、肉体面、精神面や思考過程、感情面、他人との触れ合い、あなたの文化においての調和ですか?調和とは、全状況を察知し、的確に対応する能力でもあります。それでは、的確な対応とは何でしょうか。それは、関与する全ての者に対して慈悲深い経験を創り上げる能力です。調和が完全に整うと、精神的、肉体的、感情的な平和、人類や文化における平和、母なる地球、父なる空との平和を育むことができます。この層のマスターはロード・サナンダで、色は真珠のような白です。あなたの人生に調和をもたらすために、この偉大なるマスターを呼んでください。

第8層は、真理の層です。真理とは何でしょう。あなたは自分に対して正直ですか?多くの人々は、自分に正直で居る事がとても難しいようです。自分に完全に正直でなければ、他人に対して正直でいることは難しいのです。人々は内面を見つめる事が怖いため、自分の内面と向き合う事、そして自己発見していくことに恐れを抱いています。しかし、内面を見つめずに、自らを知る事は不可能です。真理の層と向き合うことは、自分自身をより深く理解し、そして進化する真理を理解する手立てとなります。また、この層と向き合う事は、ハイヤーセルフを理解する事にも繋がります。真理は常に進化していて、非常に大きなものであるため、真理全体を得る人はいません。よって、あなたが精神的進化を遂げると、人生においても進化して行く真理が現れます。我々が信念体系を持っているため、せっかく現れる真理を捨て、その代りに自らの信念体系で培った古い真実にしがみついたままでいる事がとても多いのです。この層のマスターはレディー・ナダで、色は淡い緑です。自らの浄化と清めのためにこの大いなる師を呼び、高次の精神を開くと、進化する高次の宇宙の真理を受け入れられます。

第9層は、錯角無く見る層です。最後の4層は高度な層です。ベール抜きで明確に見る事ができると、恐れと先入観無しに人生に起こる現象の本質を知覚できます。我々は深い錯覚の中で生きているので、錯覚があること自体を完全に忘れています。今までに、全主要宗教は、この世界は錯覚である事を説いてきました。この真理を理解した者は、人生が喜びに満ち、心穏やかに生きていく事ができるでしょう。なぜなら、この世界は、全員が役者であることを忘れたまま演じる大きな舞台であり、自らの役者である部分を自覚すると、錯覚という大きなゲームを、どのように本当は演じて生きたいのか選択できるからです。この層のマスターはロード・メルキデゼクで、色は淡いターコイズ色です。

第10層は、記憶の層です。我々の本当の姿の記憶であり、この世界に存在するための人生の目的の記憶です。出生時に思い描いた、人生のビジョンの記憶です。私たちは、自分が知っている事を知っています。全てが明確です。記憶を思い出すことでアカシャと繋がり、人生をより素晴らしくするための自らの才能や能力などを開花させるでしょう。また、特別な感情や能力を思い出し、それを現在の意識の上に重ねて、自分の魂を求める事もできます。こうすると、自分が置かれた如何なる状況でも、自分の感情を選択することができます。現実を、平和や喜び、又は自らが欲する他の感情でしっかりと覆うことができるのです。つまり、現実や感情や思考に振り回されること無く、自分の人生を完全にコントロールすることが可能なのです。この層のマスターはマスター・イエスで、色は淡く赤みがかった金属的な黄色です。

第11層は、悟りの層です。悟りとは、我々が神である事に気付くことです。万事を感得し、自らの真理を完全に理解する事です。この層が活性化されると、創造の全史実が明らかになり、我々の本質であるアダム・カドモンを思い出し悟る事ができます。これにより、多数の高次元を移動し、魂の成長に手を差し伸べてくれる高次のマスターと繋がる事ができます。人生を完全に目覚めた状態で生きる事に興味がありますか?この層のマスターはロード&レディー・アンドロメダで、色は淡い青です。

第12層は、神の層です。これは創造主である神として、真理を生きる時の層です。この層が活性化されると、この宇宙の創造に参加します。インドの偉大な師、サイババは、DNAの12層全てが活性化された神の化身です。自分の神の存在が完全に開かれ真理に生きる事を願いつつ、この層で瞑想してみてください。この層のマスターはマスター・サナトクマラで、色は乳白色です。

愛する皆さん、今こそが人類がDNAの12層と繋がる時です。この地球上の新しい意識の下では、DNAを活性化させるために生まれ変わりを繰り返し多くの世を生きる必要はありません。この惑星に授けられた恩寵と、皆さんの心の清らかさと相なる純粋な意識を通して、無条件の愛があなたのDNAを活性化させるのです。

深い感謝と大きな愛を全ての人々へ。

マスター・クツミ
レイ・チャンドランを通して







2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
日本ヴェーダーンタ協会をご紹介します。
ようこそ

古からのインドの教えは重要です。

現在インド人のスワミがいやっしゃる、

日本ヴェーダーンタ協会をご紹介します。



ヴェーダーンタ 
古代インドの聖者たちに啓示されたヴェーダーンタは、

人間の本性は神聖である、

人生の真の目的はこの神性を展開し顕現することである、

そしてその真理は普遍的である、と教えています。

ヴェーダーンタは、「超越的」および「内在的」の両面を持つ、

1つの神を信じます。

神は、次の四つの道(ヨーガ)をたどり、

内外両方の自然を制御することによって、

悟ることができる、と教えられています。

4つの道とは

知識の道(ギャーナ・ヨーガ)、

無私の働きの道(カルマ・ヨーガ)、

信仰の道(バクティ・ヨーガ)

および精神統一の道(ラージャ・ヨーガ)です。

ヴェーダーンタは世界のすべての宗教を受け容れ、

偉大な預言者たち、教師たち、および神の子たちを敬愛します。

なぜなら、すべての内に

同一の神のインスピレーションを認めるからです。

『あらゆる宗教において神に至る道が同一であること』



ありがと。





2017年09月28日(Thu)▲ページの先頭へ
恩寵 について、インドの聖者
恩寵


質問者 恩寵はグルからの贈り物ではないでしょうか?

マハルシ 神、恩寵、グルはみな同義語です。それは内在する永遠なるものです。真我はすでに私たちの内面に存在しているのではないでしょうか? それはグルの眼差しによって与えられるようなものでしょうか? もしもグル自身がそう考えていたとしたら、彼はグルと呼ばれるに値しません。

つづきはこちらから





2017年09月27日(Wed)▲ページの先頭へ
不思議だらけのクリスタルスカル。。。。。。について。
クリスタルスカル・水晶髑髏(すいしょうどくろ)とは


マヤ遺跡から発掘されたオーパーツ、水晶ドクロとは・・・?
古代マヤ文明の技術では製造不可能だったはず。
どのようにして作られ、何の目的だったのか・・・
水晶の原石で作られつなぎ目もない見事な髑髏。
不思議だらけのクリスタルスカル。。。。。。

こちらは、その水晶ドクロを再現したものです


クリスタルスカル・水晶髑髏(すいしょうどくろ)とは


参考ブログ
ヘッジス・クリスタルスカルとのご対面 (4)



2017年09月25日(Mon)▲ページの先頭へ
バランスをととのえるEMFバランシング・テクニックについて
ようこそ

今日はEMFバランシング・テクニックの

ご紹介をさせていただきます。


EMFバランシング・テクニックは

アメリカのペギー・フェニックス・デュプロによって

開発された身体を囲むエネルギー体である

ユニバーサル・カリブレーション・ラティス(UCL)

のバランスを整え、

魂の進化を加速させるテクニックです。


人が人に与える電磁場の影響を活用した


新しいスピリチュアルツールです。



ユニバーサル・カリブレーション・ラティス(UCL)
 (身体を周囲を囲むエネルギー体)


人間の身体は周囲60cmをエネルギーの身体で囲まれています。
ユニバーサル・カリブレーション・ラティスと呼ばれるそのエネルギー体は
過去や未来の情報を保っています。
過去(背後)のエネルギーを浄化し、バランスを整えることにより、
滞っている過分なエネルギーを身体の中心を通っている現在の
エネルギーや可能性(正面)のエネルギーへと流し、現在活用できる
エネルギーへと変え、現実を宇宙と自分自身とで共同創造する
環境を整えることができます。


【レイコップ】安心の2年保障は公式ストアだけ!



2017年09月24日(Sun)▲ページの先頭へ
あなたは、日中の空には星はない、と言うことができるか。近代インドの聖人


ようこそ

シュリー・ラーマクリシュナの言葉を!

「夜空にはたくさんの星が見えるが

太陽が昇るとそれらは見えない。


あなたは、日中の空には星はない、と言うことができるか。

それだから、おお、人よ、

あなたが無知である日々の中に

神を見ないからといって、

そこに神はいない、などと言ってはいけない。」


PR
メンズエステサロン【エルセーヌMEN】

メタボリック対策やヒゲ脱毛など、男の魅力を引き出すエステ体験実施中!



2017年09月23日(Sat)▲ページの先頭へ
幾百年の闇も、一点の光がその部屋に入ればたちまち消散する。
シュリー・ラーマクリシュナの言葉3

◆幾百年の闇も、一点の光がその部屋に入ればたちまち消散する。

数え切れないほど生まれ変わっているうちに

つみ重ねられた無知と悪行も、

神の慈悲深い御眼の一べつによって消え去る。

 
◆ あなたの欲するどの方法でもよいから彼に祈れ。

彼は必ず聞いて下さる。

彼はアリの足音さえお聞きになるのだから。


NVKより引用しました。

インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯

ヴェーダンタ


2017年09月22日(Fri)▲ページの先頭へ
自閉症的な気持ちを詩にしてくれました。 こころのランチ・作詞もりせいいち作曲アルパカかいめい
作詞者がいうには
自閉症的な
気持ちを
詩にしたそうです。
お聞きください。
作詞:もりせいいち
作曲:アルパカかいめい

こころのランチ



2017年09月18日(Mon)▲ページの先頭へ
それでは生まれた甲斐がない。シュリー・ラーマクリシュナの言葉 2
シュリー・ラーマクリシュナの言葉 2

人間に生まれるという

まれなる特典を得ながら

今生で神を悟ることのできない人は、

生まれた甲斐がない。

インドの光 聖ラーマクリシュナの生涯

ヴェーダンタ


2017年09月17日(Sun)▲ページの先頭へ
オーラをきれいにする方法・金色の掃除機がオーラの中にある不要なものを取り除くことを想像します。
これはチャネリング情報です。
興味のあるかたはお読みください。

オーラをきれいにする方法

オーラには、今までの輪廻転生での知恵や、記憶があります。
多くの人のオーラが傷ついています。
オーラに傷があるとエネルギーが下がり、感情も低くなり、病気になる可能性も高くなります。
オーラは個人だけのものではなく、地球のオーラとも関係し、
人のオーラが傷つく地球のオーラも傷つくことになります。
毎日自分のオーラのケアをすることで、地球の傷ついたオーラも
修復することができます。

金色の掃除機がオーラの中にある不要なものを取り除くことを想像します。
それだけでオーラはきれいになります。
重いエネルギーを感じたとき、金色の掃除機の中に入り、要らないエネルギーを
吸い上げてもらいます。

人の性格はたいてい過去からの影響を持っています。
過去世からのエネルギーの浄化をしたいときには、聖ジャーメインのバイオレット・フレーム、
紫の炎のエネルギーを使うとよいでしょう。
聖ジャーメインの紫の炎をまず体に灯しておくと、エネルギーが重いと感じた時、
いらないエネルギーを感じた時に、その炎を体全体に拡大し、不要な物を
燃やすことによって浄化することができます。

信念を変えると性格が変わります。 今に生きることができるようになります。
過去でもなく、未来でもなく今に直面することで解決策が見つかります。
なぜこんなことになったのかということを永遠に考えることなく、解決策を見出すことになります。

発信元:http://www.ambassadorsoflight.net/jp/mc09jun06.html


2017年09月14日(Thu)▲ページの先頭へ
チャネリングについて
こちらのサイトでは

チャネラーによるチャネリング情報をお伝えすることがあります。

参考までにお読みください。

※チャネリングを判断するガイドライン:(1987年 ニューリアリティ誌より)

1.高次元のメッセージとは全ての人にとって役立つものです。それらが一部の特定の人を
  対象としている場合は注意が必要です。内容は人類全てを対象としているべきであり、
  これも真実を聞いているのかどうかの判断基準となります。

2. メッセージは前向きなものであるはずです。自分を落ち込ませたり、恐怖を感じて
  逃げ出したくなるような脅し情報でなく、力を与えてくれ、可能性を示してくれるもののはずです。
  それが神の印でもあり、神聖なメッセージの中に見出せるものであり、
  そこから霊感を受けるはずです。
  どのような記録からも、天使から人間へのメッセージは「恐れるな」からはじまるのです。

3. 神や高次元の存在は、自由な意思を持つことをあきらめるようにとは絶対に言いません。
  自由意志というのは、人間が地球上で経験するとても貴重な過程であるためです。
  自由意志、自由な選択、それがあなたの未来を創造しているのです。

4. 高次元の存在は自分自身が信じている事の完全性に背くようなメッセージは伝えません。
  あなたの思想プロセスは尊重されます。何かを信じさせる為にトリックを使ったり、
  言いくるめたりしないのです。 そのメッセージはあなたの本質に反しないものであり、
  そのメッセージを快適に感じ、心から真実であると反応が示されるはずです。

5. 高次元の存在は、一人のチャネラーのみを唯一の伝達手段とすることはありません。
  高次元の存在は人間にメッセージを伝える為のたくさんのチャネルを持っており、
  それらを全てが活用され大きな計画を遂行できるようになっているのです。
  高次元の存在の情報を伝えるチャネラーは、自分だけがその情報をもっているとは
  決して言いません。

6. 伝えられる情報は通常、新しい情報であると思ってください。
  古い情報を繰り返しているような内容は、人間のエゴを示しているもので注意が必要です。
  新しい情報が必要とされているので、チャネリングが行われるのです。

7. 高次元からのメッセージは、スピリチュアルな解決法が示されています。
  新しい情報を通して人生における困難に対する解決策を得ることがチャネリングをする
  目的なのです。

以上です。



2017年09月12日(Tue)▲ページの先頭へ
世界平和につながるのかを示す12の道の原則が紹介されています。

20年以上ほぼ

光(プラーナ)だけで

生きている女性が語る、

平和の喜びと、

自分本来の姿になることによって

もたらされる喜び。


本質(エッセンス)は、

愛であり、

中心から満たし、

放射し、輝きだします。


魂を通して滋養を与えます。

本質に、平和の道があります。

「笑顔」をもたらします。

本書は、『平和の道』と

『本質で在ること』が、

合本して1冊になったものです。



いかにシンプルに深いレベルで個人が平和を感じられるようになり、
それが世界平和につながるのかを示す12の道の原則が紹介されています。

ありがとう。


2017年09月11日(Mon)▲ページの先頭へ
アメリカを代表する自然詩人ゲーリー・スナイダー
ようこそ!

ゲーリー・スナイダーさんの紹介です。

なんどもニッポンでの講演や詩の会で

知られている詩人です。


詳しくは

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で

参照しました。



ゲーリー・スナイダー(Gary Snyder、1930年5月8日 - )は、20世紀のアメリカを代表する自然詩人。本名はGary Schneider (ゲイリー・シュナイダー)。

代表作の詩集『亀の島』ではピューリッツアー賞を、『終わりなき山河』ではボリンゲン賞を受賞。アレン・ギンスバーグやジャック・ケルアックなどとの交友関係は有名で、1950年代前半には「ビート・ジェネレーション」の詩人として活躍した。

1956年から1968年までの期間の大半は京都に滞在し、相国寺や大徳寺で臨済禅を学んだ。この時期には宮沢賢治の詩の翻訳も試み、「春と修羅」などの一連の作品の英訳が『奥地』(The Back Country)に所収されている。

アメリカに帰国後は、地域に根ざした環境保護運動、カリフォルニア大学デーヴィス校の教授など多彩な活動を展開した。スナイダーの作品は、人間と自然との関係をテーマにしたものが多く、ヘンリー・デイヴィッド・ソローの作品を原型とする自然文学、いわゆる「ネイチャーライティング」の系譜に位置づけられる。

主な詩集 [編集]
『亀の島』(Turtle Island、1974年)
『ノー・ネイチャー』(No Nature、1992年)
『終わりなき山河』(Mountains and Rivers Without End、1996年)



亀の島―対訳

亀の島―対訳

  • 作者: ゲーリー スナイダー
  • 出版社/メーカー: 山口書店
  • 発売日: 1991/01
  • メディア: −




絶頂の危うさ


ありがとう。




2017年09月10日(Sun)▲ページの先頭へ
チベットタンカのご紹介!
チベットタンカのご紹介!
経典どおりに描くそうで、
絵を見ただけでも願いがかないそうです。
阿弥陀如来西方浄土U(65×47cm、2003年)

タンカ





2017年09月08日(Fri)▲ページの先頭へ
精神大国インドを知るうえで最適な本だと思います
紹介する本は
精神大国インドを知るうえで
大変参考になる本だと思います。
イギリス人の著者、ポール・ブラントン
は冷静に、かつ楽しく
インドを見聞しています。
これからの時代、現代もそうですが
インドと良好な付き合いは不可欠でしょう。
おすすめしたい本です。

ありがとう。



2017年09月06日(Wed)▲ページの先頭へ
チベット仏教の朝の祈り
ユーチューブを観ていると
チベットの僧侶の写真が
眼に入りました。
どこにあるお寺か知りません。
貴重な音源だと思います。
一時間近くあるこの静止画動画は
聴いているだけで
ご利益があると感じました。
仕事で疲れた時、
ご先祖さんが気になった時
オススメします。
Tibetan Morning Chant



2017年09月03日(Sun)▲ページの先頭へ
自分の心(ハート)の空間で生きていくことです。
こんにちは!

スピリチュアル、とタイトルにありますが、

その関連としてチャネリング情報を紹介します。

発信元

大変な時期を乗り越える一つの方法は、自分の心の空間で生きていくことです。
心の空間を通して呼吸をしてください。
心の空間で呼吸をしたら、その光の光線を第三の目に延ばしてください。

第三の目の光線をさらにクラウンチャクラまで伸ばします。
クラウンチャクラからさらに今度は下に下ってプラニックチューブを通って、
地球に光の線が伸びていって、自分と地球をつなげているのを想像してください。

この状態を作っておくと日常生活で何か不快なことが起こったときも、
ハートセンターに意識を集中させれば、そこに安心することになります。

どこにいてもできる方法です。

これを何回か練習していくと、細胞がこの流れを覚えて自分がそうしようと思った時には
瞬時にその状態になることになります。


ありがとう


2017年09月02日(Sat)▲ページの先頭へ
死後、新たな時間が始まる ランザ博士
インターネット散歩をしていると、
いろんな話を聞きます。
今日はこんなの、
「ギリシアの賢人ソクラテスは、
死を恐れることは
知らないことを
知っているかのように
振舞う愚かな態度であり、
「楽しき希望を持って死に臨む」よう訴えていた」

■死後、新たな時間が始まる

 アインシュタインが生涯をかけて戦かった量子力学においては、

そもそも世界というものは観察者抜きには成立しないことが

徐々に明らかになっていった。

このことから、ランザ博士は、

世界や時空間、客観的な世界を前提とした

ニュートン力学に伴う全ての概念は我々の死とともに消え去るが、

「驚くべきことではない」と語る。

 とはいえ、死とともに、もちろん“幻想”を生み出していた意識も消え去ると思われるが、

その時、我々はどうなるのだろうか? 

ランザ博士によると、意識が消失することで、

もはや時空ともいえないような全く新しい時間が始めるというのだ。

そこでは、もちろん時間が過去から未来へ流れるようなことはなく、

あらゆる時空間を自由に行き来できるようになるとのことだ。

(アステラス製薬で科学最高責任者(CSO)を務めるロバート・ランザ博士)





が、どうやら、量子論的にも死は楽しそうな出来事のようだ。

自由に時空を行き来するとは一体どんな“経験”なのだろうか?

 今から楽しみで仕方がない。

以上転載:http://tocana.jp/2017/08/post_14238.html



   


ようこそ!


PR










CM
ふらりブログのプチタビ雑誌情報












カレンダ
2017年9月
         

アーカイブ
2008年 (45)
5月 (5)
6月 (10)
7月 (11)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2009年 (36)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (5)
2010年 (15)
1月 (1)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
10月 (6)
2011年 (17)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (6)
4月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2012年 (12)
1月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (8)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2014年 (11)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
11月 (2)
2015年 (21)
2月 (7)
4月 (1)
6月 (2)
8月 (6)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (1)
2016年 (20)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (3)
7月 (1)
9月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2017年 (52)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (18)
10月 (6)
11月 (2)

アクセスカウンタ
今日:74
昨日:110
累計:662,603