シュリ・ラマナ・マハルシ

My hobby is spiritual暮らし生活に役立てるスピリチュアルツール




2017年09月28日(Thu)▲ページの先頭へ
恩寵 について、インドの聖者
恩寵


質問者 恩寵はグルからの贈り物ではないでしょうか?

マハルシ 神、恩寵、グルはみな同義語です。それは内在する永遠なるものです。真我はすでに私たちの内面に存在しているのではないでしょうか? それはグルの眼差しによって与えられるようなものでしょうか? もしもグル自身がそう考えていたとしたら、彼はグルと呼ばれるに値しません。

つづきはこちらから





2016年01月25日(Mon)▲ページの先頭へ
ステキなDVDができていました。『ラマナ・マハルシ アルナーチャラの聖者』DVD
これは本編のPVです。



『ラマナ・マハルシ アルナーチャラの聖者』DVD
本編73分
日本語字幕:福間 巖
ラマナ・マハルシ カード付

大いなる覚醒を得たラマナ・マハルシ。
映像でたどる、その生涯。
ラマナ・マハルシの生前の動画を見ることができる貴重な映像作品です!


ありがとうございました。


2015年09月30日(Wed)▲ページの先頭へ
南インドの聖者。(1879−1950)ラマナ・マハリシについて
こんにちは!わたしの信頼する南インドの聖者ラマナ・マハリシについてご紹介します。

南インドの聖者。(1879−1950)
覚醒への道として真我の探求を推奨した。
「現象界の目的はしたがって明確である。
つまり、自分のいまいるところから始めて、自分の本質に目覚めることである。」

ご紹介の動画説明

ラマナ・マハリシについて、バーソロミュー2「ハワイ・ワークショップ」より抜粋して­お届けします。

【バーソロミューについて】

バーソロミューとは、1977年から1995年までの18年間にわたって、アメリカ人­­女性メアリーマーガレット・ムーアさんを通して、見えない世界から人間の覚醒を助け­る­ために通信してきた完全覚醒意識に便宜上つけられた名前です。こうした高次元から­のメ­ッセージを受け取ることはチャネリングと呼ばれています。




2015年09月23日(Wed)▲ページの先頭へ
自己存在の源を貫く探究によって最も直接的な修練方法である
ラマナ・マハルシについて
1896年、16歳の少年が死の恐怖に直面し、自己存在の源を貫く探究によって、それを克服しました。後にバガヴァーン・シュリー・ラマナ・マハルシとして知られるようになった彼は、真我を実現するための最も直接的な修練方法である真我探究を示し、聖山アルナーチャラのはかり知れない霊的な威力を世に知らしめたのです。このサイトは、すべての人々に彼の教えと生涯を紹介するために捧げられています。
http://www.sriramanamaharshi.org/ja/

言葉
瞑想とは何か。それは一つのことについて熟考することである。

それゆえ、瞑想においては一つの想念をもちつづけるようにしなさい。

そうすればすべての他の想念は徐々に消え去るだろう。

それらはしばらくの間、存在しているかもしれないが、

あなたが断固としてあなたのただ一つ想念をもちつづけるならば、

それらはあなたを悩ませることはないだろう。

われわれの心は習性によって弱く、集中することができない。

一つの想念を保つために、

われわれは心を強くしなければならない。

不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話


2015年06月01日(Mon)▲ページの先頭へ
ラマナ・マハルシさんのホームページ日本語版です。
最近知ったんですが、

ラマナ・マハルシさんのホームページ日本語版ができていました。

うれしいかぎりです。

ナマステ!

http://www.sriramanamaharshi.org/ja/


2015年02月16日(Mon)▲ページの先頭へ
シュリ・ラマナ・マハルシの言葉

◆ことば◆


「生きとし生けるものは、

いつでも幸福であることを願い、

不幸でないことを願っている。

誰にとっても、 そこには

自分自身への至上の愛が見られる。

そして幸福だけがその愛の源なのである。

それゆえ、人間の本性である幸福、

想念のない深い眠りのなかで体験される

幸福を手に入れるためには、

人は自分自身を知らなければならない。


そのためには、 「私は誰か?」

という問いで探求する

知識の道が 最も重要な方法である。」

(ラマナ・マハルシの教えより)



☆とても美しいメロディーです。

Look into No-thing(ラマナさんの静止動画)



【ラマナ・マハルシの本】


不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話




2013年02月15日(Fri)▲ページの先頭へ
ユング、ガンディーが敬慕した20世紀最大の覚者ラマナ・マハルシ、その珠玉の教え。
こんにちは!

絶版でしたがアマゾンを検索したら数冊ありました。
私の愛読書です。
精神世界に興味のある方におすすめです。

ユング、ガンディーが敬慕した
20世紀最大の覚者ラマナ・マハルシ、
その珠玉の教えの書。

詳細はこちらへどうぞ!

ありがとう。


ありがとう。


2009年01月12日(Mon)▲ページの先頭へ
Look into No-thing(動画)
紅茶にしょうがを擂って、風邪気味のわが身を労わっています。

寒風の中の大工仕事で、冷えてしまったのです。



「生きとし生けるものは、



いつでも幸福であることを願い、



不幸でないことを願っている。



誰にとっても、



そこには自分自身への至上の愛が見られる。



そして幸福だけがその愛の源なのである。



それゆえ、人間の本性である幸福、



想念のない深い眠りのなかで体験される



幸福を手に入れるためには、



人は自分自身を知らなければならない。



そのためには、



「私は誰か?」



という問いで探求する



知識の道が



最も重要な方法である。」



  (ラマナ・マハルシの教えより)




とても美しいメロディーです。

Look into No-thing(動画)


不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話


2008年08月05日(Tue)▲ページの先頭へ
瞑想とは何か。ラマナ・マハルシの「不滅の意識」より
瞑想とは何か。それは一つのことについて熟考することである。

それゆえ、瞑想においては一つの想念をもちつづけるようにしなさい。

そうすればすべての他の想念は徐々に消え去るだろう。

それらはしばらくの間、存在しているかもしれないが、

あなたが断固としてあなたのただ一つ想念をもちつづけるならば、

それらはあなたを悩ませることはないだろう。

われわれの心は習性によって弱く、集中することができない。

一つの想念を保つために、

われわれは心を強くしなければならない。

不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話


2008年07月28日(Mon)▲ページの先頭へ
あなたは死ぬことができるのですか。
ようこそ

ラマナ・マハリシの言葉を送ります。

わたしが今現在、気になる又は

感じる箇所から選びました。

「不滅の意識」より

質問者:わたしは病と恐怖にとりつかれています。

マハルシ:誰が病気になるのですか。

     あなたは病気になっているのですか。

     もしあなたが自分とは何かを分析すれば、

     病気はあなたに影響を与えることが

     できないことを知ります。

     あなたは何ですか。

     あなたは死にますか。

     あなたは死ぬことができるのですか。

     アートマンのことをよく考えなさい。

     それをよく理解しなさい。


不滅の意識―ラマナ・マハルシとの会話
(55ページより)


2008年05月27日(Tue)▲ページの先頭へ
不滅の意識
ようこそ

オススメ本のしょうかいです。


ユング、ガンディーが敬慕した

20世紀最大の覚者ラマナ・マハルシ、その珠玉の教え。


バグワン・シュリー・ラマナ・マハルシ


【目次】(「BOOK」データベースより)

毎日の生活/ヨーガとプラーナーヤーマ/瞑想の修練/サマーディ/心/エゴ/三つの状態/マーヤと幻想/誕生と死/宗教の意味/グルと賢者たち/真我/真我の実現/超神秘主義の必要

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

ブラントン,ポール(Brunton,Paul)
1898年、ロンドンに生まれる。英国の哲学者、神秘主義者、旅行家。ジャーナリストとして出発したが、霊的な探究の道を志し、生涯をそれに捧げた。著作は数多いが、中でも『秘められたインド』(日本ヴェーダーンタ協会)で、マハルシをはじめ知られざるインドのヨーギたちを世に紹介した功績は大きい。1981年没

ヴェンカタラミア,ムナガラ(Venkataramiah,Munagala)
1933年以後、生涯にわたってマハルシに仕えた

柳田侃(ヤナギダタダシ)
1927年、大阪府に生まれる。1952年、東京大学法学部卒業。経済学博士。甲南大学名誉教授。日本ラマナ協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



   





CM










ふらりブログのプチタビ雑誌情報





カレンダ
2017年10月
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2008年 (48)
5月 (7)
6月 (10)
7月 (12)
8月 (7)
9月 (3)
10月 (5)
11月 (3)
12月 (1)
2009年 (36)
1月 (1)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (12)
5月 (4)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (4)
10月 (2)
11月 (5)
2010年 (15)
1月 (1)
2月 (3)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (1)
10月 (6)
2011年 (17)
1月 (3)
2月 (3)
3月 (6)
4月 (1)
8月 (1)
10月 (2)
11月 (1)
2012年 (12)
1月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2013年 (8)
2月 (1)
3月 (2)
5月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
2014年 (11)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (5)
11月 (2)
2015年 (21)
2月 (7)
4月 (1)
6月 (2)
8月 (6)
9月 (3)
10月 (1)
12月 (1)
2016年 (20)
1月 (4)
2月 (4)
3月 (1)
4月 (1)
6月 (3)
7月 (1)
9月 (1)
11月 (2)
12月 (3)
2017年 (50)
1月 (9)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (19)
10月 (4)

アクセスカウンタ
今日:395
昨日:528
累計:632,118